ニュー速2ch

気になるニュースをまとめてみました
明日の話題にどうぞ


    中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )は、日本のお笑いタレント、実業家。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。 1982年(昭和57年)、父親の仕事の都合で佐賀県で生ま
    21キロバイト (2,738 語) - 2019年5月24日 (金) 04:23



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    商売するには変化をすることが大切だよね

    1 Egg ★ :2019/05/24(金) 05:30:57.84 ID:zzY9dXE/9.net

    テレビタレントからビジネスの世界へ――。

    音楽ユニット「RADIO FISH」による楽曲『PERFECT HUMAN』の大ヒットの後、アパレルブランド「幸福洗脳」やオンラインサロン「NKT online salon」の立ち上げなど、事業活動にじわりと軸足を移しているのが、オリエンタルラジオの中田敦彦氏だ。

    3月発刊の著書『労働2.0 やりたいことして、食べていく』(PHP研究所)で組織の「歯車」から脱する生き方を説いた中田氏に、テレビの世界を中心とする芸能界が直面している変化について聞いた。

    ■テレビの「専門店化」が起きている

     ――著書でテレビの世界の変化について書かれています。

     僕らが小さい頃に見ていたテレビは、メディアの王様だった。そこには若者向けの深夜番組、お色気番組もあれば、年配者向けの堅いニュース、子ども向けのクイズ番組もあって、メディアの中ではあらゆる商品をそろえた百貨店のような存在だった。でも今、テレビは影響力でいうと依然として王様だけど、百貨店ではなく、1つの専門店になっている。これはかつてのラジオが歩んだ道と似ている。

     テレビが今、どんな顧客層向けの専門店かというと、テレビ全盛期にメインの視聴者だった50代以上の人たち。坂上忍さんやヒロミさん、長嶋一茂さんのリバイバルも、テレビが完全に50代以上の視聴者向けの番組にシフトした結果、起こっていることだ。

     コンテンツの多様性では、今やYouTubeやNetflixといった動画配信サービスが強力な対抗馬として台頭している。僕はもともと、テレビという百貨店の中の一等地をとる戦いに参戦するつもりで芸能界に入ったけど、気づいたらその業態が変わっていた。

     今36歳だが、このままだと、50歳近くになってようやく僕らの世代の順番が回ってきて、テレビの一等地に立つ戦いに参戦できる。それでは遅すぎる。「中田敦彦」というコンテンツのほかの受け皿を探さなきゃいけないというのが今の気持ちだ。

     ――オンラインサロンなどのビジネスに注力している芸能人といえば、キングコングの西野亮廣さんが代表格です。

     西野さんも僕も、テレビのゴールデンタイムで冠番組を持った経験があることが大きいのかもしれない。テレビの一等地からの風景をすでに見ているので、上に行くこと(ゴールデンタイムで冠番組を持つこと)がゴールではないという実感がある。だけど、閉塞感があって何かやらなきゃいけないという気持ちは、40代手前の芸人であればみんな持っているはずだ。

    5/24(金) 5:00配信 東洋経済
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190524-00283040-toyo-soci

    写真


    【【芸能】中田敦彦は芸人なのか実業家なのか?40手前の芸人が直面する問題にどう向き合うあっているのか】の続きを読む


    田口 淳之介(たぐち じゅんのすけ、1985年11月29日 - )は、日本の歌手、タレント、俳優であり、男性アイドルグループ・KAT-TUNの元メンバー。愛知県名古屋市生まれ、神奈川県相模原市育ち。所属事務所は株式会社Immortal。 1999年にジャニーズ事務所に入所。
    14キロバイト (1,295 語) - 2019年5月23日 (木) 03:09



    1 Egg ★ :2019/05/25(土) 07:50:51.35 ID:p+oKVx069.net

    「ジャニーズの甘ちゃんアイドルが、素行不良の年上女に引っ掛かり、揃って転落していった」

     アイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバー田口淳之介(33)と元女優小嶺麗奈(38)両容疑者の薬物事件は、業界でそんな見られ方をしている。

     東京都世田谷区にある田口容疑者が小嶺容疑者と同棲中のマンションの部屋からは乾燥大麻数グラムや「グラインダー」と呼ばれる大麻を砕く器具、巻き紙の束が押収されており、かなりの常習者だったようだ。

    「田口容疑者が小嶺容疑者との交際が報じられた2007年、『サパークラブ』という男性従業員が接客する六本木の店での大麻パーティーがあって、複数の芸能関係者が逮捕された。この六本木ルートを麻取が追って、店に出入りしていた小嶺容疑者の内偵も続けていた。それが今回の逮捕劇につながったという構図が見えてきました。ちょっと驚くのが、田口容疑者の周辺が『やっぱり』『そうか』と、逮捕を予見していたような声を上げていること。交際当初から、小嶺容疑者はいわゆる札付きで、夜の六本木界隈の顔だったらしく、ジャニーズは何度も小嶺容疑者と別れるよう田口容疑者に働きかけていた。その頃の悪い予感が的中してしまったということでしょう」(スポーツ紙のジャニーズ担当芸能記者)

    19/05/25 06:00 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/254627

    写真

    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【【芸能】逮捕の田口淳之介は甘ちゃん!? 周囲の関係者からも「やっぱり」の声が漏れる】の続きを読む


    株式会社オスカープロモーション(Oscar Promotion Co.ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の芸能事務所。社長は古賀誠一。 渋谷区神宮前にあった原宿セントラルアパート内の一室でモデルクラブとして1970年3月27日に設立された。その後は1980年代後半より芸能プロダクション業務を兼
    26キロバイト (2,527 語) - 2019年5月23日 (木) 06:34



    (出典 spotsate.xsrv.jp)


    採算が合わない部門は淘汰されるのは組織運営の常だね

    1 47の素敵な :2019/05/24(金) 23:42:55.01 .net

    ◆ 芸能界最強美女軍団「オスカー」がお笑い撤退! 路頭に迷う売れない芸人軍団

    米倉涼子を筆頭に、上戸彩、武井咲、剛力彩芽、菊川怜らを擁する“芸能界最強の美女軍団”オスカープロモーションが、5月30日をもってバラエティー部門を廃止、お笑い界から撤退するという。

    「ツービートやB&Bが活躍した80年代の“漫才ブーム”が終わると、テレビ局は再びお笑いブームを起こそうと必死になっていた。
    それまでお笑いは、関西の吉本興業と松竹芸能、東はビートたけしが所属していた太田プロが強かったんですが、'90年前後から大手プロダクションもお笑い界に参入してきたんです」(芸能関係者)

    '92年にはタモリが司会を務めたフジテレビ系の『ボキャブラ天国』がスタート。
    渡辺プロダクション系列のホンジャマカやネプチューン、太田プロから独立した爆笑問題や、くりぃむしちゅー(当時は海砂利水魚)など、現在のバラエティー番組に欠かせない人材を輩出した。

    その後も、はなわや原口あきまさらが所属するケイダッシュ、小島よしおやカンニング竹山のサンミュージック、バイきんぐやアキラ100%のソニー・ミュージックアーティスツなどがお笑い界でも台頭。
    オスカーも'07年にバラエティー部門を設立していたが、うまく波に乗れなかった。

    オスカーの関係者が嘆く。
    「ウチらしく、売れないモデルにコンビを組ませるなど、アイデアはあったんですが、大きな賞レースで優勝するほどの芸人は育てられなかった。
    マネジャーなどの人件費だけがかかり、いつまでやっても採算が取れなかったんです」

    設立3年後には、吉本興業を退社したB&Bの島田洋七が移籍。
    ライブのプロデュースも担当したが、立て直すことはできなかった。

    「このまま続けていても先が見えない。
    ウチで飼い殺しにするより、フリーでやり直しのチャンスを与えてあげたほうがいいという判断です」(同)

    今年元日の『ぐるない おもしろ荘』(日本テレビ系)では、同社所属の「ぺこぱ」というコンビが優勝したが、その後は鳴かず飛ばず。
    平成とともに終わりを告げた。
    https://wjn.jp/article/detail/2477311/ VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【芸能】上戸彩、武井咲などが所属 芸能事務所オスカーがバラエティー部門を廃止 切り捨てられた芸人達は】の続きを読む

    このページのトップヘ