ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。



    (出典 coconutsjapan.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/14(火) 02:11:49 ID:rGx9tyoR9.net

    12日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、有吉弘行が新型コロナウイルスの影響による仕事の激減について言及。多忙を極めた人気者の有吉の現状に、驚きの声が殺到している。


    ・1日平均16時間
    外出自粛が当たり前になっている昨今。有吉も「仕事はラジオからラジオへって感じ。(1週間仕事が)まったくない」とラジオの収録以外に仕事がなかったと告白する。

    iPhoneに標準装備されている、アプリケーションやウェブサイトの閲覧に費やしている時間を確認できる機能・スクリーンタイムで、自身のスマホ利用時間が「16時間超えた、『平均16時間です』って出て」と苦笑。

    「昔は『ゲームは1日1時間』っていうのがあったけど、もういまは12時間はやってる。大人最高って感じ」とスマホを使って休日を満喫していると主張した。


    関連記事:有吉&マツコ、引退・終のすみかを語る 「60歳までに引退」「東京には住まない」

    ・ロケ番組が苦境
    また『有吉の壁』など自身が出演するロケ番組についても言及。若者にもウケ、視聴率は好調ながら「いまの状況だから、またロケがね」とロケができない現況を嘆く。

    ドラマやほかのバラエティ番組も同じ状況として、「なかなかいろいろと大変ですけど、でもここでしっかりと踏ん張って、またみんなでワイワイできたらいいな」とこの苦境を乗り切る覚悟を示した。

    ・リスナーも驚き
    多くの番組でMCを務める人気芸人の有吉も、自宅待機を余儀なくされている現状にリスナーも驚きを隠せない。

    「有吉さんですら1週間ぶりの仕事なのか、コロナ恐るべし」「先週のラジオ以来仕事無かったのか。本当に新型コロナで芸能人も仕事ができなくなっているんだな」と多くの感想が寄せられている。


    ・過半数は「スマホでゲーム」
    しらべぇ編集部で全国10~60代スマホ利用者の男女1,386名を対象に調査したところ、過半数が「スマホでゲームすることがある」と回答している。

    ゲーマーとしても知られ、スマホゲームの『ドラゴンクエストウォーク』などにハマっていると公言してきた有吉だが、余りある時間をスマホゲームに費やしていると判明した。

    それでも、「スマホでゲームをする」人は多いとはいえ、さすがに有吉のように1日12時間もゲームをプレイする人は少数派に違いない。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12189-20162300961/
    2020年04月13日 10時30分 しらべぇ


    【有吉弘行さん、新型コロナで仕事激減した結果www】の続きを読む



    (出典 www.bun.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/14(火) 05:23:55 ID:rGx9tyoR9.net

    テレビ朝日富川悠太アナウンサー(43)の新型コロナウイルス感染が明らかになってから一夜明けた13日、同アナがメインキャスターを務める報道番組「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)のスタッフ全員が自宅待機していることが分かった。

    フリーアナウンサーの赤江珠緒(45)は、レギュラーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月~金曜午後1時)に電話出演し、「報ステ」制作に関わる夫も感染している恐れを語った。

       ◇   ◇   ◇

    「報ステ」ではこれまで、感染者が出た際にも放送を維持するため、スタッフをチーム分けにして“共倒れ”を防ぐ策を講じていた。だが、富川アナ以外にも感染の疑いが出てきたことから、ついに全スタッフの自宅待機を決めた。

    同局によると、12日の時点で約20人のスタッフが自宅待機に。しかし同局関係者は、この日までに「結局全員が自宅待機になったようです」と明かす。さらなる感染拡大を予防し、クラスター(小規模な集団感染)を発生させないための措置とみられる。100人超の制作スタッフは自宅に控え、今後は現スタッフなしで番組制作にあたる異例の対応をとることになる。

    報道局内から他番組の制作に従事する人員をかき集めて放送する緊急事態。先の関係者は「報道局の総力戦。半分近くは『報ステ』OBだったり、経験者もいる。かつてないことだが、できないことはない」。また、潜伏期間を考慮して「少なくとも2週間はこの態勢でしょう」と話した。

    またこの日、赤江アナはTBSラジオ「-たまむすび」に電話出演し、「うちの夫の職場で陽性反応の方が出まして」と語った。赤江アナの夫は「報ステ」の総合演出を担当。チーム分けに縛られない立場で、富川アナとも近しく接していたとみられる。赤江アナによると、夫は発熱や味覚異常など新型コロナの典型的な症状が出ているという。病院で軽い肺炎と診断を受け、現在は自宅待機をしながらPCR検査の結果を待つ状態。夫の感染が強く疑われることから、赤江アナも1人娘とともに自宅待機をする意向だ。

    関係者は、富川アナが入院した10日には赤江アナの夫ら幹部社員が「出社したが自宅に戻された」とし、他にも感染者がいる恐れを指摘した。テレ朝報道局の力が問われる、総力戦の2週間になりそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18115829/
    2020年4月14日 5時0分 日刊スポーツ


    【富川アナ感染で「報ステ」全スタッフがとんでもないことにwww】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/13(月) 14:44:48 ID:f8oQO78a9.net

    「退所は、やりたくない仕事を入れられ、彼女の『我慢の限界』が来たことが原因。周囲には『お笑いの仕事以外もしたいのに、事務所からはバラエティのロケやひな壇の仕事ばかり入れられてしまう』と漏らしていました」(事務所関係者)


    ◆◆◆

    インスタグラムでワタナベエンターテインメントからの退所を発表したお笑い芸人のブルゾンちえみ(29)。「円満退社」を強調したが、内実は事務所との“方向性の違い”だった。

    ブルゾンは15年、事務所付属の養成所を卒業し、芸人デビューを果たした。

    「17年にお笑いコンビ、ブリリアンと『ブルゾンちえみ?with B』を組むとこれがハマった。R-1の決勝に残り、決めフレーズの『35億』が流行語に選出されるなどブレイク。活動の幅を広げ、女優デビューもした」(スポーツ紙記者)

    島根大学時代は陸上部所属

    ファッションアイコンとしても人気を博し、インスタでは225万人ものフォロワーを擁する。

    「彼女の通う表参道の美容室には地方からもファンが訪れ、『同じ髪型に』とリクエストすることも」(同前)

    芸人としては早咲きだが、最初から芸人志望ではなかった。デビュー当初の芸人仲間が明かす。

    「ブルゾンは養成所で、芸人コースではなくタレントコースに所属していた。転機は事務所のマネージャーのベビーシッターをアルバイトでやったこと。
    そこで『お前、面白いな』と見初められ、芸人コースに転向したそうです」

    蓄積していったブルゾンちえみの「不満」

    しかし、“芸人仕事”ばかりの中で、ブルゾンの不満は蓄積していった。
    前出の事務所関係者が明かす。

    「昨年、彼女から退所の申し出があり、事務所は『それでは弁護士を立ててくれ』と要求し、話し合いを続けました。
    事務所としては後々揉めないように、というつもりだったのでしょう」

    結局、今後は芸名を使わずに本名の藤原史織として活動すること、イタリアへ留学することで決着。

    「ブルゾンは本来真面目な性格で、18年、故郷の岡山が豪雨被害に遭った際にはボランティアに参加。実は、社会的メッセージを発信する仕事をやりたいという願望があるんです。
    イタリア留学も仕事の幅を広げようと、語学学校に通って準備していた」(同前)

    一方で、芸能ジャーナリストはこう指摘する。

    「所属事務所のワタナベは芸能界に広範な影響力を持つ老舗。
    ブルゾンも辞めてすぐテレビで“お笑い以外の仕事”ができるとは思っていないだろうし、だからこそ芸名を捨て、留学という冷却期間を置くことにしたはず。
    しかし今後はSNSでも『ブルゾンちえみ』の名を使えなくなるわけで、新たに一から知名度を積み上げるのは簡単ではない」

    ブルゾン退所の経緯について事務所に尋ねたところ、「(本人が)3月18日にInstagramにアップしたコメントが全てになります」との回答だった。

    芸能界をサバイブするチエをミせられるか、正念場。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月2日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/18112506/

    2020年4月13日 11時5分 文春オンライン


    【ブルゾンちえみ、退所の内情「やりたくない仕事を入れられ“我慢の限界”」】の続きを読む

    このページのトップヘ