ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。


    株式会社大塚家具(おおつかかぐ、Otsuka Kagu, Ltd.)は、東京都に本社をおく家具販売会社である。対外的なコーポーレートブランドネーム(商標)としては「IDC大塚家具」(アイディーシーおおつかかぐ)の名称を用いている。 1969年(昭和44年)に埼玉県春日部市の東武伊勢崎線春日部駅東口
    38キロバイト (5,231 語) - 2019年3月22日 (金) 14:30



    (出典 www.nikkei.com)


    経営難だから泣きついたんだろうな。世間の目は厳しいと思う

    1 ばーど ★ :2019/04/26(金) 17:36:57.70

    大塚家具の大塚久美子社長が、4年前のお家騒動で決裂して以来初めて、父・勝久氏に和解を求める方針を固めた。

    関係者によると、大塚家具の大塚久美子社長は、伝統的な職人の技による家具の価値を伝えることを目的とした団体を26日に設立する。

    設立にあたり、父・勝久氏に役職についてくれるよう求める決意を固めたことが、日本テレビの取材で明らかになった。これにより、経営権を巡り争った創業者の父・勝久氏と和解したい考え。

    父・勝久前会長はかねてより経営で苦戦する久美子社長を心配してきたが、今回の申し入れにどう答えるのか注目される。

    http://www.news24.jp/articles/2019/04/26/06431472.html

    父娘

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1が立った時間 2019/04/26(金) 12:51:40.05
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556259532/


    【【企業】経営難が続くの大塚家具社長の久美子氏、父に和解申し入れへ】の続きを読む



    (出典 dic.nicovideo.jp)


    日本のサービス業が良すぎるってのはある。

    1 チンしたモヤシ ★ :2019/04/26(金) 19:40:23.96

    日本人が驚くドイツ人の「空気を読まない」気質
    「忖度」なんてあり得ない徹底した個人主義
    東洋経済 熊谷 徹 2019/04/23 11:00
    https://toyokeizai.net/articles/-/273429

    「自分中心主義」であるドイツでは、他人の感情よりも規則や理屈を重んじる考え方が当たり前なのです(写真: MIyabi-K/PIXTA)

    (出典 tk.ismcdn.jp)


    日本人と比べて、他人の感情を尊重したり、まわりの空気を読んだりしないドイツ人。そんなドイツ人特有の気質が醸成された背景を、在独ジャーナリストの熊谷徹氏が解説します。


    ドイツに29年住んで、この国ではもはや良好なサービスを期待しなくなった。「ここはドイツなので、よいサービスはない」と思うようにしている。

    以前、食堂の店員がコースターを客の前に手裏剣のように投げた姿を見かけたことがある。その場にいたある日本人は「ドイツに5年間住んでいるが、こうした態度には、いまだに慣れない。客に対して最低限の思いやりがない」と憤慨していた。

    多くの日本人は、目の前に物を投げられると「邪険に扱われている」と不快に思う。繊細な客の中には、犬や猫の前に餌を投げる情景を連想する人もいるだろう。

    しかし私はこのとき、店員がコースターを客の前に投げるのを見てもまったく怒りを覚えなかった。その理由は、「この国のサービスというのはこんなものだ」と悟っていたからである。以前私は会議の席で、ドイツ人が自分の名刺を客に1枚ずつ手渡さずに、テーブルの上に投げたのを見たことがある。名刺すら投げる人がいるのだから、飲み物のコースターを投げられたくらいでは驚かない。冷静に考えれば、それで何か不都合なことが起こるわけではない。あくまで気分の問題である。

    ●サービスに期待してはいけない

    つまり、サービスに対する期待度を下げてしまえば、サービスが悪くてもあまり不快に思わない。「自分はお客様なのだから、よいサービスを受けて当たり前だ」と思い込んでいると、サービスが悪いと頭にくる。腹を立てると、その日は損をしたような気がして楽しくない。いやな思いをするのは結局自分である。

    私もドイツへ来た1990年ごろには、サービスの悪さについてしばしば腹を立てていた。だがこの国に長らく住んでいるうちに、「ドイツだけでなく、日本から一歩外へ出るとサービスは基本的に悪い」という考え方が身についてしまった。いくらじたばたしても、他人の行動や考え方を変えることはできないので、自分の感受性を変えたのだ。サービスに対する期待度を下げると、スーッと気持ちが楽になる。私の態度について、「悪いサービスの前に降伏したのか」とあきれる人もいるかもしれないが、このほうが精神衛生上、メリットが大きい。

    レストランで店員がなかなか注文を取りに来ず、待ちぼうけを食わされても「経営者が人件費を節約しようとしているので、従業員の数が足りないからすぐに注文を取りに来られないのだろうなあ。かわいそうだなあ」と思うくらいだ。

    大半のドイツ市民も、この国のサービスについて「こんなものだ」と思っており、際立って悪いとは感じていない。多くのドイツ人は日本に行ったことがないので、日本のような「サービス先進国」があることを知らないからだ。

    ●ドイツを覆う強烈な「個人主義」

    ●「24時間営業」がなくても困らない理由

    詳しくはリンク先の記事


    【【コラム】日本人驚きのドイツのサービス業。店員は客席にコースターを投げる】の続きを読む



    (出典 ure.pia.co.jp)


    相手への思いやりがないんだね。自分のことばっかり。

    1 みなみ ★ :2019/04/26(金) 22:21:27.12

    2019年4月26日 16時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16377703/

    妻の不機嫌に怯える夫たちとしては、「何があっても無視しないでほしい」「話し合っている最中に無言はないでしょ」とささやかな反論が聞こえてくる。直接、妻には言えないため、無視されたときの心理を細かく語ってもらった。

    ■急に無視されても理由がわからなくて困惑

    「うちの妻、あるとき突然、僕を無視するようになるんですよ。たぶん、僕が何かやらかしているんだろうけど、理由がわからない。『悪いところがあったら反省するけど、理由がわからないからどうしようもないよ』と言っても無視。
    目の前にいるのに、いないかのようにふるまわれると、ものすごく気持ちが落ち込むんですよね。自分が無価値に思えてくる」

    ユウジさん(44歳)はそう話す。結婚して15年、13歳と10歳の子がいるが、妻は子どもたちの前でも平気で夫を無視するという。

    「そうなると子どもたちも僕には話しかけてきませんしね。家庭内は最悪の雰囲気。子どものためにもよくないなあと思うんです。1週間近くそういう状態が続くこともあります。トークアプリで話しかけてみても無視。妻の機嫌が直るのを待つしかありません」

    いくらか機嫌がよくなってきたら、花やケーキなど妻の好きなものでさらに機嫌がアップするように心がける。その後、何が原因だったか聞いてみるのだが、そのころには妻自身も忘れていることが多い。
    子どもの前ではせめて普通にしていてほしいと訴え、そのときは「わかった」と言うものの、数ヶ月たつとまた同じことが繰り返される。

    「もう少し子どもたちが大きくなったら、いつかビシッと言ってやろうと思っているんですが。彼女自身がそのことについてどう思っているかわからないのがつらいですね」

    以下ソースで読んで
    ★1 2019/04/26(金) 19:41:29.57
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556275289/


    【【夫婦】一方的にキレて無視、無言をしてくる妻。途方に暮れる夫】の続きを読む

    このページのトップヘ