ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。



    1 Hikaru ★ :2019/04/05(金) 22:39:41.32

    朝日新聞デジタル 2019年4月5日17時27分
    https://www.asahi.com/articles/ASM4456MHM44ULBJ00L.html

     脳死した男児(当時1)の肺が移植される様子を無断でテレビ番組で放送されたとして、
    男児の両親が4月中旬にも、番組を放送したTBSと移植手術をした岡山大学病院、日本臓器移植ネットワークなどを相手取った損害賠償訴訟を広島地裁に起こす。
    両親が5日、東京都内で記者会見を開いた。

     両親と代理人弁護士によると、番組は2017年7月に全国放送された。移植医に密着取材する内容で、
    両親には放送前に連絡はなかったという。肺が画像処理されずにそのまま映っており、
    番組を見た男児の母親は髪の毛が大量に抜けるなど精神的苦痛を受けたという。
    母親は「夢で息子に会うことだけが慰めだったのに、夢の中の姿さえ肺になってしまい唯一の安らぎを奪われた」と話した。

     また、男児の名前などドナーだと直接わかる情報は含まれていなかったが手術した日などから知人に知られたとし、プライバシーの侵害に当たるとした。

     国が定めた臓器移植法の運用指針で、移植医療の関係者は臓器提供者と移植手術を受けた側の個人情報が互いに伝わらないように注意を払うよう求めている。

     TBSは「臓器移植法の指針に従って細心の注意を払って制作した。訴状を受け取り次第、内容を精査して対応を検討する」、
    岡山大学病院は「訴状が届いていないので現時点ではコメントできない」、移植ネットは「具体的な内容が分からないためコメントは差し控える」としている。

    ★1: 2019/04/05(金) 18:21:18.80
    前スレ
    【放送倫理】ドナー男児の移植「無断で放送」両親がTBSと病院提訴…精神的苦痛で母親の髪が大量に抜ける ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554461777/


    【【2chまとめ】ドナー男児の移植「無断で放送」両親がTBSと病院提訴…精神的苦痛で母親の髪が大量に抜ける ★3】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/04/05(金) 20:37:03.43

     2018年度(2018年4月-2019年3月)の「人手不足」関連倒産は400件(前年度比28.6%増、前年度311件)に達した。年度ベースでは、2013年度に調査を開始以来、これまで最多だった
    2015年度(345件)を上回り、最多件数を塗り替えた。

    ◇「求人難」型が2.6倍増
     2018年度の「人手不足」関連倒産400件の内訳は、代表者や幹部役員の死亡、病気入院、引退などによる「後継者難」型が269件(前年度比7.6%増、前年度250件)が最多。
     次いで、人手確保が困難で事業継続に支障が生じた「求人難」型が76件(同162.0%増、同29件)、賃金等の人件費のコストアップから収益が悪化した「人件費高騰」型が30件(同114.2%増、同14件)、
    中核社員の独立、転職などで事業継続に支障が生じた「従業員退職」型が25件(同38.8%増、同18件)だった。事業承継が重要課題になるなか、「後継者難」型が全体の6割(構成比67.2%)を超え、
    さらに「求人難」型や「人件費高騰」型が押し上げた。

    ◇産業別、サービス業他が最多105件
     2018年度の産業別では、最多がサービス業他の105件(前年度比34.6%増、前年度78件)だった。内訳は、飲食業23件、老人福祉・介護事業12件、医療関係10件、人材派遣業9件、建築設計業などを含む
    土木建築サービス業7件など。
     このほか、建設業75件(同4.1%増、同72件)、製造業62件(同58.9%増、同39件)、卸売業59件(同43.9%増、同41件)、貨物自動車運送などの運輸業34件(同61.9%増、同21件)と続く。
     2018年度の地区別では、全国9地区のすべてで倒産が発生した。このうち、関東(125→173件)、九州(39→62件)、中部(34→43件)、近畿(33→39件)、東北(24→28件)、中国(18→19件)、
    北陸(3→5件)の7地区で前年度を上回った。一方、減少は北海道(21→18件)と四国(14→13件)の2地区だった。

     企業倒産が低水準をたどるなか、「人手不足」関連倒産の増勢ぶりが目を引く。特に、人手確保が困難で事業継続に支障が生じた「求人難」型と人件費のコストアップから収益悪化を招いた「人件費高騰」型の
    増加が際立つ。人手不足の早急な解消が難しい現状では、今後の企業倒産を押し上げる複合的な要因にもなっており、景気動向と併せてその推移が注目される。

    東京商工リサーチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00010000-biz_shoko-bus_all

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1が立った時間 2019/04/05(金) 18:34:52.58
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554456892/


    【【2chまとめ】「2018年度の「人手不足」関連倒産が過去最多の400件、「求人難」型が2.6倍に急増 ★2】の続きを読む


    である。 本は、1977年(昭和52年)8月30日に内閣総理大臣決定で制定された国民栄誉賞表彰規程に基づいており、その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉
    38キロバイト (3,344 語) - 2019年4月4日 (木) 20:14



    1 豆次郎 ★ :2019/04/05(金) 05:43:30.76

    4/5(金) 3:00配信
    イチローさん、国民栄誉賞3度目の辞退 政府に伝える

     先月末に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチローさん(45)が、政府が授与する方向で検討していた国民栄誉賞を辞退すると伝えていたことが4日、政府関係者への取材で分かった。固辞するのは3度目。理由は明らかになっていないが、今後も野球界に関わっていく強い意思を示したものとみられる。「令和」時代を迎える中、受賞第1号が期待されていた。


     イチローさんは日米通算4367安打、10年連続200本安打、メジャーリーグのシーズン最多安打記録を更新するなど野球界で輝かしい実績を残した。

     政府はこれまで小泉内閣時代の2001、04年の2度、国民栄誉賞を打診したが、イチローさんは「野球生活を終わった時に、もしいただけるのであれば、大変ありがたい」などと固辞していた。

     先月22日の引退会見を受けて、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「多くの子供や野球ファンに夢と希望を与え続けてきたスーパースター。これまでの活躍は素晴らしいものであり、国民にそういう声があることは十分認識している」と述べ、授与する方向で調整していた。【中澤雄大】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000003-mai-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2019/04/05(金) 03:14:01.33
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554401641/


    【【2chまとめ】イチローさん、国民栄誉賞3度目の辞退。野球人生継続のためか。】の続きを読む

    このページのトップヘ