トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会
216キロバイト (25,676 語) - 2019年5月14日 (火) 01:16



(出典 public0.potaufeu.asahi.com)



1 みつを ★ :2019/05/14(火) 22:46:00.66

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190513-00000040-ann-bus_all
(リンク先に動画ニュースあり)

「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言
5/13(月) 18:44

 自動車業界トップも終身雇用の継続は難しいとの認識です。

 日本自動車工業会・豊田章男会長:「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」
 トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示しました。一方、中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べました。終身雇用を巡っては、経団連の中西宏明会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言しています。

★1のたった時間
2019/05/13(月) 20:06:53.75

前スレ
【終身雇用守るの難しい】トヨタ社長が“限界”発言 ★10
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557834577/





2 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:47:07.55

>>1
ボーナスカットで


81 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:02:19.95

>>1
期間工なんてシステムはハナから終身雇用なんて放棄しているだろうと思ったが、わざわざこんなことに言及するということは、正社員の雇用体系に手をつけるという前振りなんだろうな。


99 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:04:20.89

>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6 >>7

ぷくぷく ™@Nqx9R
10月10日
年功序列制度は勤続年数を経るごとに給与が階段状に上昇する制度ですが、
個人がどんなに頑張っても月給には反映されない。という社会主義的思想…
そして年長者は年少者より地位が高いという儒教的思想が合わさった化石のような制度…。

湖雪@koyu_FUJI
6月29日
そもそも儒教道徳がクソ
ただ年だけとった無能に都合よすぎ

APHARMD@MBV09C
10月1日
「何故日本ではイノベーションが起きないのか?それは失敗を恐れるからだ」に
「日本はすぐ責任問題に発展する!」と返すMC。まぁなんだかんだ言っても儒教の影響が抜けてないからなぁ。
問題の原因を人に求める。まぁ仕方ないよね、普段から政治家相手にカスゴミが当たり前にやってるし('A`)

年功序列が残っている大企業は今でも窓際族の中年だらけです。
特に大手商社などでは仕事をしていないのに年収2000万の50代のおじさんたちで溢れかえっています。
彼らは窓際で新聞を読んでいるだけで2000万も貰えることから社内でWindows2000と呼ばれてます。
太郎丸@転職コンサル

kasai_samurai (葛西英朋_人事・労務の専門家)
解雇規制について。日本が解雇規制が強いかどうかの議論。
アホ丸出しな議論さんがテレビで議論してるけど、実体法と手続法に分けて考えないと…笑。
確かに手続法では欧米は日本に比べて労働者に手厚い、でも実体法では日本は西欧に比べて何倍も解雇できない。実体法と手続法、分けて考えよう。


10 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:52:28.82

解雇規制が日本を駄目にしている
無能がのさばりすぎ


19 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:53:37.44

>>10
終身雇用のない韓国が成功したと言いたげですな


34 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:56:05.46

>>10
時給50円時代になるけどいいね?


47 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:57:43.60

>>10
終身雇用なくなって実力成果主義なんて言ったら
それサラリーマンじゃなくて実質自営業者じゃん
じゃぁ、低賃金のサラリーマンなんてやめてみんな自営業始めるよね

会社経営者って馬鹿すぎー


11 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:52:38.56

つまりこういうことだろう?
自動運転技術も新幹線と同じことになるわ。

2019年02月16日
トヨタが中国にAI・自動運転拠点の狙い

ロボットイノベーション
2019年内にも立ち上げ

 トヨタ自動車は中国の北京市と上海市に、人工知能(AI)や自動運転の研究開発拠点を設置する方針を固めた。
年内にも立ち上げる計画で、米国や日本のAI開発拠点と並ぶ中核拠点に位置付ける。
中国はAI人材の育成や、自動運転特区の設置を積極的に進めている。
トヨタはこれらの環境を活用してAI・自動運転技術の開発を加速し、先端技術の開発競争力を高める。

 トヨタは新たに設けた準備室で中国拠点の詳細を詰め、年内の本格立ち上げを目指す。
北京は清華大学などトップクラスの大学を有し、豊富なAI人材の確保が見込める。
また上海では、都市インフラを含めた自動運転特区の整備が進む。
両都市に拠点を構えることで、開発から実証試験までの開発サイクルを効率化する。

 一方、中国は重要産業に関するデータの海外持ち出しを規制する方針で、
中国で販売する自動運転車に搭載する技術は同国内での開発が義務づけられる可能性がある。
トヨタは中国に拠点を設けることで、規制に対応する側面もある。


30 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:55:25.72

>>11
大真面目でそんな不利な条件下で商売するの???
マジで超ド低脳しかいないのかトヨタって???


53 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:58:25.90

>>30
トヨタは会社としてはもう生き残れないのはわかってるから、
自分の生きてるうちだけは稼げるようにってことだろう


74 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:01:35.09

>>53
IT技術では次世代車で中国に勝てないし、低価格競争ではタタに勝てない。トヨタが焦る前に、他の車メーカーが元気に生きてるのが不思議。2010年前後に倒産するメーカー3社はあったのに。元気に仲良く経団連だし。


14 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:53:00.24

70代ジイサンの年金廃止
60代ジジイの退職金廃止
50代オジサンの終身雇用廃止に
全日本の全若者が、こぞって賛成します!


25 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:54:43.10

>>14
近頃の若者は歳をとらないのか、それとも…


41 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:56:54.08

>>25
当の若者はあんなのに代表づらされたらたまったものではないと思っているかと


23 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:54:37.16

下請けへの援護だろうけど

下請けの部品屋さんは日本にいなさい。毛唐なんてほっとけ

売れる数 売ればよろしい


33 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:55:58.21

>>23
「来月から部品の納入価格を一律10%引き下げますんでよろしく」


42 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:56:58.93

>>33
アフリカと競争だから半額未満になるw.


31 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:55:40.66

70代ジイサンの年金廃止
60代ジジイの退職金廃止
50代オジサンの終身雇用廃止とか当たり前やろ。
そんなの31年前の平成元年にやっておけよ。
どうみても、昭和日本の全制度は
人口増とGDP高度成長が前提のネズミ講や。


51 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:58:14.22

>>31
わたしの雇用とカネだけは守ってねという女性ならではの発想


35 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:56:08.80

法人税下げた分を労働者に押し付けて、それでもまともに税金払わず、さらに増税推進してるくせに何泣き言言ってんだ。

マジで死ねよゴミ経団連。


43 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:57:00.03

>>35
経団連は在日だが


52 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:58:24.95

>>43
もう日本に在日に支配されていないところはないなwww


54 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:58:52.38

>>52
こないだTVつけたら全部在日だった


36 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:56:11.86

経営層ってさ「限界を自分で決めるな!」ってよく従業員に言ってるよな。
だから、社長は限界を自分で決めちゃダメだと思うよwww


44 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:57:01.67

>>36
「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」もね

戦中かよ


37 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:56:41.15

使えない奴を企業が守る義務みたいな風習事態が癌みたいに思うが?


50 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:58:06.79

>>37
自分をその「使えない奴」とは思ってないの??
他の人から見たら自身が該当してるのでは?


58 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:59:30.41

>>50
社会に出たことないニートにゃ関係ないだろうからな、もし親がリストラされたら即家庭崩壊


40 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:56:51.73

英語と自給自足用の農業が最終的には生き残るためには必要になりそう
賃金やすいまま高度化してきてるフィリピンとかが怖いわ


49 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:57:55.29

>>40
旧ソ連だな。限界はあるがw


55 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:58:54.15

なら法人税上げろよ


60 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 22:59:45.50

>>55
自民党に献金


63 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:00:25.97

終身雇用が無くなるとどうなると思う?
貧富の格差がより酷くなるんだよ


72 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:01:23.77

>>63
誰もサラリーマンをやらなくなるが正解
サラリーマンになるメリットがまったくない


95 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:03:43.74

>>72
残念ながらトヨタに就職したい若者は
腐るほどいます。


78 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:02:10.17

>>63
40歳までにリタイアできるように人生設計をするだけ
政府は子育て支援バラマキ、子育て支援増税などで邪魔をしなければそれでいい


65 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:00:41.48

>>100 >>101 >>102 >>103 >>104 >>105 >>106

累積黒字、対外純資産が300兆円を超える国家は日本しかないが中国は香港と合算すると300兆円近い対外純資産となる
対外純資産が多ければ多いほど、円高圧力は高まり、円高になると資産は目減りする。金融緩和を行わない場合の円の水準は70~80円程度かそれ以上と考えられるため緩和を止めると、この純資産は200兆円程度に圧縮される

相対的に金利が安くなると日本で金を借りて、金利の高い海外に投資しやすくなるので安定資産であり、金利が割高の米国債の購入は増え、累積総額は100兆円を超える
※純資産の一部は政府保有の短期資産(債権)であるが、満期のあるもので永続的な資産ではない
反面、投機的な資金は円高になったり金利が上がれば維持は難しくなり、一気に巻き戻されるリスクは存在する

中国では金利が他国と比べて高いため、海外での対外純資産があっても赤字となりやすい
日本は金融緩和を続ける限り低金利で資金調達が可能で、高金利・高成長の海外に投資でき黒字にしやすいので、今後も対外純資産は増える傾向にあるだろうが、これは短期投機筋を含むソフトな資産である事に注意すべきだ

長期的・ハードな純資産の割合の多くが輸出関連企業(部品等も含め)であること、それとバブル期、成長期を通じ国内における雇用が未調整のままであることから、輸出関連企業の競争力が落ち経営が危うくなれば、
純資産が非常に短い期間で溶ける懸念はある

自国の金融市場では制御できない金融危機が起るには3つの条件がある

・対外資産の赤字、対外純負債
・多額の民間負債
・巨額の政府負債

日本には巨額の政府負債しかないため、金融危機が起きる条件にはない。これは日本人が経済の強さと認識しても驕りではなく、単なる事実確認に過ぎない
しかし将来的に輸出企業の競争力が落ちて、長期対外純資産を持つ輸出企業が次々に破産するような事態
においては、金融機関は不良債権を抱え、輸出企業が海外の資産を手放し対外純負債に陥る危険性はある

忘れている人間は多いだろうが、トヨタも巨額の営業赤字をだした時期もあり、トヨタが倒産しないという根拠は全くない

トヨタ10年3月期…8500億円の営業赤字を予想
https://www.kurumaerabi.com/car_news/info/15381/

トヨタでさえ、少し景気が変わるだけで存続が危ぶまれるのにトヨタ以下の企業が生き残れるだろうか
さらに各国の電気自動車への移行によってトヨタの競争力が保たれるかも不明だ


67 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:00:59.45

>>110 >>111 >>112 >>113 >>114 >>115 >>116

累積黒字、対外純資産が300兆円を超える国家は日本しかないが中国は香港と合算すると300兆円近い対外純資産となる
対外純資産が多ければ多いほど、円高圧力は高まり、円高になると資産は目減りする。金融緩和を行わない場合の円の水準は70~80円程度かそれ以上と考えられるため緩和を止めると、この純資産は200兆円程度に圧縮される

相対的に金利が安くなると日本で金を借りて、金利の高い海外に投資しやすくなるので安定資産であり、金利が割高の米国債の購入は増え、累積総額は100兆円を超える
※純資産の一部は政府保有の短期資産(債権)であるが、満期のあるもので永続的な資産ではない
反面、投機的な資金は円高になったり金利が上がれば維持は難しくなり、一気に巻き戻されるリスクは存在する

中国では金利が他国と比べて高いため、海外での対外純資産があっても赤字となりやすい
日本は金融緩和を続ける限り低金利で資金調達が可能で、高金利・高成長の海外に投資でき黒字にしやすいので、今後も対外純資産は増える傾向にあるだろうが、これは短期投機筋を含むソフトな資産である事に注意すべきだ

長期的・ハードな純資産の割合の多くが輸出関連企業(部品等も含め)であること、それとバブル期、成長期を通じ国内における雇用が未調整のままであることから、輸出関連企業の競争力が落ち経営が危うくなれば、
純資産が非常に短い期間で溶ける懸念はある

自国の金融市場では制御できない金融危機が起るには3つの条件がある

・対外資産の赤字、対外純負債
・多額の民間負債
・巨額の政府負債

日本には巨額の政府負債しかないため、金融危機が起きる条件にはない。これは日本人が経済の強さと認識しても驕りではなく、単なる事実確認に過ぎない
しかし将来的に輸出企業の競争力が落ちて、長期対外純資産を持つ輸出企業が次々に破産するような事態
においては、金融機関は不良債権を抱え、輸出企業が海外の資産を手放し対外純負債に陥る危険性はある

忘れている人間は多いだろうが、トヨタも巨額の営業赤字をだした時期もあり、トヨタが倒産しないという根拠は全くない

トヨタ10年3月期…8500億円の営業赤字を予想
https://www.kurumaerabi.com/car_news/info/15381/

トヨタでさえ、少し景気が変わるだけで存続が危ぶまれるのにトヨタ以下の企業が生き残れるだろうか
さらに各国の電気自動車への移行によってトヨタの競争力が保たれるかも不明だ


68 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:01:13.24

まぁ、こういう事言うと
結局、転職先が簡単に決まる優秀な人から逃げ出すよね…


76 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:02:05.72

>>68
中国メーカー「ウェルカム」


69 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:01:16.88

車を買わない若者が悪い


87 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:02:55.40

>>69
風俗の流通が整いすぎた


70 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:01:17.09

過去最高益出しといて何が限界だよ
バカレースしたり自分は遊んでるくせに
若い頃は低賃金でこき使って、金上がる頃にはリストラってか
それでも現役100歳社会
美しい国


86 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:02:51.94

>>70
奴隷に人権はないからな。公務員と投資家以外、国がまるごと奴隷化する。


75 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:01:54.32

終身雇用じゃなくなるのは、これからトヨタに入社する奴からだろうな
今入社している奴もだと、首くくる奴も出かねんからな
ライン工は皆バイトかな
職長は大卒がやって終身雇用
全部バイトならトヨタの日本工場終わりだろう
責任要らんからな
ロボット入れるか


94 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:03:43.22

>>75
今入社してる人に決まってるじゃん
後2.3年ぐらいでクビ切るだろ


79 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:02:10.36

>>120 >>121 >>122 >>123 >>124 >>125 >>126

労働分配率と一人あたりGDP(年単位の生産性)を比較するとこうだ

労働分配率(GDP比、日本以外で主流の計算方式)
フランス 1977年 80.0% → 2011年 68.6%
日本   1977年 76.1% → 2011年 60.6%
ドイツ  1977年 75.3% → 2011年 67.6%
イギリス 1977年 68.9% → 2011年 69.6%
アメリカ 1977年 68.2% → 2011年 63.7%

整理解雇無効の高裁判決が1979年、それ以降の労働分配率は下り坂だ

失業率(ドイツ):3.6%
失業率(フランス):9.8%

「欧州の病人」とされていたドイツが解雇規制緩和をした2004年から14年間で
ここまで回復したことは驚くべきことだ

日本は1979年の整理解雇無効判例以降は安定して労働分配率は低迷している
不況や需要低迷、競争力が低下しても人員調整ができない現在では、好景気でさえ
企業は報酬を上げたり、新規雇用に慎重となる

それと同時に1975年のオイルショックの時期には、国家総動員法(終身雇用の前身)ができる1938年以前に20-30歳代だった
戦前の雇用流動化世代が軒並み引退した(経営層も1980年代半ばにはおおむね退任、バブルは1986年以降) が、オイルショック後の低成長から回復するために公共事業利権大国となりバブルに突入・崩壊

一人当たり労働生産性(年間) x 労働分配率 → 労賃
アメリカ  59,495 x (63.7%) → 37,898
デンマーク 56,335
ドイツ   44,184 x (67.6%) → 29,844
フランス  39,673 x (68.6%) → 27,215
日本    38,550 x (60.6%) → 23,361

日本の低さだけが郡を抜いている 、組合が強いフランスは、日本を除くならば底報酬だ

日本の労組・労働貴族や共産主義者が崇拝するフランスはドイツに比べると一人あたりGDP(労働生産性)が4,000ドル低く
アメリカに比べると20,000ドル低い


82 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:02:26.30

>>130 >>131 >>132 >>133 >>134 >>135 >>136

労働分配率と一人あたりGDP(年単位の生産性)を比較するとこうだ

労働分配率(GDP比、日本以外で主流の計算方式)
フランス 1977年 80.0% → 2011年 68.6%
日本   1977年 76.1% → 2011年 60.6%
ドイツ  1977年 75.3% → 2011年 67.6%
イギリス 1977年 68.9% → 2011年 69.6%
アメリカ 1977年 68.2% → 2011年 63.7%

整理解雇無効の高裁判決が1979年、それ以降の労働分配率は下り坂だ

失業率(ドイツ):3.6%
失業率(フランス):9.8%

「欧州の病人」とされていたドイツが解雇規制緩和をした2004年から14年間で
ここまで回復したことは驚くべきことだ

日本は1979年の整理解雇無効判例以降は安定して労働分配率は低迷している
不況や需要低迷、競争力が低下しても人員調整ができない現在では、好景気でさえ
企業は報酬を上げたり、新規雇用に慎重となる

それと同時に1975年のオイルショックの時期には、国家総動員法(終身雇用の前身)ができる1938年以前に20-30歳代だった
戦前の雇用流動化世代が軒並み引退した(経営層も1980年代半ばにはおおむね退任、バブルは1986年以降) が、オイルショック後の低成長から回復するために公共事業利権大国となりバブルに突入・崩壊

一人当たり労働生産性(年間) x 労働分配率 → 労賃
アメリカ  59,495 x (63.7%) → 37,898
デンマーク 56,335
ドイツ   44,184 x (67.6%) → 29,844
フランス  39,673 x (68.6%) → 27,215
日本    38,550 x (60.6%) → 23,361

日本の低さだけが郡を抜いている 、組合が強いフランスは、日本を除くならば底報酬だ

日本の労組・労働貴族や共産主義者が崇拝するフランスはドイツに比べると一人あたりGDP(労働生産性)が4,000ドル低く
アメリカに比べると20,000ドル低い


85 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:02:43.73

>>140 >>141 >>142 >>143 >>144 >>145 >>146

労働分配率と一人あたりGDP(年単位の生産性)を比較するとこうだ

労働分配率(GDP比、日本以外で主流の計算方式)
フランス 1977年 80.0% → 2011年 68.6%
日本   1977年 76.1% → 2011年 60.6%
ドイツ  1977年 75.3% → 2011年 67.6%
イギリス 1977年 68.9% → 2011年 69.6%
アメリカ 1977年 68.2% → 2011年 63.7%

整理解雇無効の高裁判決が1979年、それ以降の労働分配率は下り坂だ

失業率(ドイツ):3.6%
失業率(フランス):9.8%

「欧州の病人」とされていたドイツが解雇規制緩和をした2004年から14年間で
ここまで回復したことは驚くべきことだ

日本は1979年の整理解雇無効判例以降は安定して労働分配率は低迷している
不況や需要低迷、競争力が低下しても人員調整ができない現在では、好景気でさえ
企業は報酬を上げたり、新規雇用に慎重となる

それと同時に1975年のオイルショックの時期には、国家総動員法(終身雇用の前身)ができる1938年以前に20-30歳代だった
戦前の雇用流動化世代が軒並み引退した(経営層も1980年代半ばにはおおむね退任、バブルは1986年以降) が、オイルショック後の低成長から回復するために公共事業利権大国となりバブルに突入・崩壊

一人当たり労働生産性(年間) x 労働分配率 → 労賃
アメリカ  59,495 x (63.7%) → 37,898
デンマーク 56,335
ドイツ   44,184 x (67.6%) → 29,844
フランス  39,673 x (68.6%) → 27,215
日本    38,550 x (60.6%) → 23,361

日本の低さだけが郡を抜いている 、組合が強いフランスは、日本を除くならば底報酬だ

日本の労組・労働貴族や共産主義者が崇拝するフランスはドイツに比べると一人あたりGDP(労働生産性)が4,000ドル低く
アメリカに比べると20,000ドル低い


88 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:03:05.56

>>150 >>151 >>152 >>153 >>154 >>155 >>156

労働分配率と一人あたりGDP(年単位の生産性)を比較するとこうだ

労働分配率(GDP比、日本以外で主流の計算方式)
フランス 1977年 80.0% → 2011年 68.6%
日本   1977年 76.1% → 2011年 60.6%
ドイツ  1977年 75.3% → 2011年 67.6%
イギリス 1977年 68.9% → 2011年 69.6%
アメリカ 1977年 68.2% → 2011年 63.7%

整理解雇無効の高裁判決が1979年、それ以降の労働分配率は下り坂だ

失業率(ドイツ):3.6%
失業率(フランス):9.8%

「欧州の病人」とされていたドイツが解雇規制緩和をした2004年から14年間で
ここまで回復したことは驚くべきことだ

日本は1979年の整理解雇無効判例以降は安定して労働分配率は低迷している
不況や需要低迷、競争力が低下しても人員調整ができない現在では、好景気でさえ
企業は報酬を上げたり、新規雇用に慎重となる

それと同時に1975年のオイルショックの時期には、国家総動員法(終身雇用の前身)ができる1938年以前に20-30歳代だった
戦前の雇用流動化世代が軒並み引退した(経営層も1980年代半ばにはおおむね退任、バブルは1986年以降) が、オイルショック後の低成長から回復するために公共事業利権大国となりバブルに突入・崩壊

一人当たり労働生産性(年間) x 労働分配率 → 労賃
アメリカ  59,495 x (63.7%) → 37,898
デンマーク 56,335
ドイツ   44,184 x (67.6%) → 29,844
フランス  39,673 x (68.6%) → 27,215
日本    38,550 x (60.6%) → 23,361

日本の低さだけが郡を抜いている 、組合が強いフランスは、日本を除くならば底報酬だ

日本の労組・労働貴族や共産主義者が崇拝するフランスはドイツに比べると一人あたりGDP(労働生産性)が4,000ドル低く
アメリカに比べると20,000ドル低い


89 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:03:22.74

>>160 >>161 >>162 >>163 >>164 >>165 >>166

労働分配率と一人あたりGDP(年単位の生産性)を比較するとこうだ

労働分配率(GDP比、日本以外で主流の計算方式)
フランス 1977年 80.0% → 2011年 68.6%
日本   1977年 76.1% → 2011年 60.6%
ドイツ  1977年 75.3% → 2011年 67.6%
イギリス 1977年 68.9% → 2011年 69.6%
アメリカ 1977年 68.2% → 2011年 63.7%

整理解雇無効の高裁判決が1979年、それ以降の労働分配率は下り坂だ

失業率(ドイツ):3.6%
失業率(フランス):9.8%

「欧州の病人」とされていたドイツが解雇規制緩和をした2004年から14年間で
ここまで回復したことは驚くべきことだ

日本は1979年の整理解雇無効判例以降は安定して労働分配率は低迷している
不況や需要低迷、競争力が低下しても人員調整ができない現在では、好景気でさえ
企業は報酬を上げたり、新規雇用に慎重となる

それと同時に1975年のオイルショックの時期には、国家総動員法(終身雇用の前身)ができる1938年以前に20-30歳代だった
戦前の雇用流動化世代が軒並み引退した(経営層も1980年代半ばにはおおむね退任、バブルは1986年以降) が、オイルショック後の低成長から回復するために公共事業利権大国となりバブルに突入・崩壊

一人当たり労働生産性(年間) x 労働分配率 → 労賃
アメリカ  59,495 x (63.7%) → 37,898
デンマーク 56,335
ドイツ   44,184 x (67.6%) → 29,844
フランス  39,673 x (68.6%) → 27,215
日本    38,550 x (60.6%) → 23,361

日本の低さだけが郡を抜いている 、組合が強いフランスは、日本を除くならば底報酬だ

日本の労組・労働貴族や共産主義者が崇拝するフランスはドイツに比べると一人あたりGDP(労働生産性)が4,000ドル低く
アメリカに比べると20,000ドル低い


96 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:04:09.11

>>170 >>171 >>172 >>173 >>174 >>175 >>176

ぷくぷく ™@Nqx9R
10月10日
年功序列制度は勤続年数を経るごとに給与が階段状に上昇する制度ですが、
個人がどんなに頑張っても月給には反映されない。という社会主義的思想…
そして年長者は年少者より地位が高いという儒教的思想が合わさった化石のような制度…。

湖雪@koyu_FUJI
6月29日
そもそも儒教道徳がクソ
ただ年だけとった無能に都合よすぎ

APHARMD@MBV09C
10月1日
「何故日本ではイノベーションが起きないのか?それは失敗を恐れるからだ」に
「日本はすぐ責任問題に発展する!」と返すMC。まぁなんだかんだ言っても儒教の影響が抜けてないからなぁ。
問題の原因を人に求める。まぁ仕方ないよね、普段から政治家相手にカスゴミが当たり前にやってるし('A`)

年功序列が残っている大企業は今でも窓際族の中年だらけです。
特に大手商社などでは仕事をしていないのに年収2000万の50代のおじさんたちで溢れかえっています。
彼らは窓際で新聞を読んでいるだけで2000万も貰えることから社内でWindows2000と呼ばれてます。
太郎丸@転職コンサル

kasai_samurai (葛西英朋_人事・労務の専門家)
解雇規制について。日本が解雇規制が強いかどうかの議論。
アホ丸出しな議論さんがテレビで議論してるけど、実体法と手続法に分けて考えないと…笑。
確かに手続法では欧米は日本に比べて労働者に手厚い、でも実体法では日本は西欧に比べて何倍も解雇できない。実体法と手続法、分けて考えよう。


100 名無しさん@1周年 :2019/05/14(火) 23:04:41.75

あきおはクビだ