ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    カテゴリ: ニュース



    1 ばーど ★ :2019/05/09(木) 02:49:48.73

     最近、自動販売機で売られているペットボトル飲料の容量が減っていることにお気づきだろうか。サントリーなどは「自販機限定」として430mlサイズを販売しており、買ってから量が少ないことに気づいた消費者からは不満の声も上がっている。

     ほかにも、菓子や食品などで値段は据え置きながらサイズダウンする“実質値上げ”の動きが相次いでおり、インターネット上では「知らぬ間に食べ物が小型化している」と話題に。NHKの『クローズアップ現代+』は、この現象を「スモールチェンジ」と名付けて取り上げたこともある。

     この“食品のスモール化”ともいえる動きは、なぜ起きたのか。そして、いつまで続くのか。大手総合家庭用品メーカーで長年商品開発に携わっていた、プロダクトリサーチャーの四方宏明氏に話を聞いた。

    10年前から始まっていた“スモール化”

     値上げするよりも容量を減らして価格を維持するという販売戦略を取る食品メーカーが増えている。問題は、そうした規格変更を消費者に気づかれないように、こっそり行うケースが多いことだ。1Lサイズに見える牛乳パックの内容量が実は900mlになっていたり、ミートソースの缶詰が295gから255gへ13%減っていたりするなど、我々が知らず知らずのうちに内容量が減っている。そんな食品のスモール化について、四方氏はこう話す。

    「価格はそのままで内容量が気づかれない程度に減っていく現象は『シュリンクフレーション』と呼ばれており、その手法自体は昔から存在しました。日本で顕著になってきたのは原材料価格が高騰した2007~08年頃で、その後も一定のレベルで現在まで続いています」(四方氏)

     原料費高騰により原価が上がったが、価格を維持するために容量を減らして対応する。このシュリンクフレーションは、日本に限らず世界的に起きている現象だという。

    「日本はほとんどが食品ですが、海外ではトイレットペーパーや歯磨き粉などの日用品でも行われています。スモール化は、大きな設備投資をしなくても容量調節が比較的容易にできる商品に起こりやすいんです」(同)

    最終的には値上げせざるを得ない?

     なぜ今、スモール化が世界的な動きになっているのか。その理由を四方氏はこう語る。

    以下ソース先で

    2019.05.07https://biz-journal.jp/i/2019/05/post_27763_entry.html

    (出典 biz-journal.jp)


    ★1が立った時間 2019/05/08(水) 21:14:07.85
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557317647/


    【【スモールチェンジ】気づかぬうちに・・・実質値上げの実態】の続きを読む


    年金(ねんきん、英: pension、annuity)とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことである。また、年金を保障する仕組みとして年金制度(ねんきんせいど)も指す。制度の運営手法によって、公的年金と私的年金に分類される。また個人年金は私的年金とは別に分類する場合が多い。 年金
    27キロバイト (3,371 語) - 2019年2月17日 (日) 05:51



    (出典 senect.jp)


    まあ確かに年金納めてない人が年金もらうってものおかしな話か

    1 孤高の旅人 ★ :2019/05/06(月) 03:48:06.26

    働く女性の声を受け「無職の専業主婦」の年金半額案も検討される
    5/5(日) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190505-00000001-moneypost-bus_all

     令和を迎え年金改悪の議論が始まっている。現在、夫の厚生年金に加入し、年金保険料を支払わずに基礎年金をもらうことができる「第3号被保険者」の妻は約870万人いる。
     第3号については共稼ぎの妻や働く独身女性などから「保険料を負担せずに年金受給は不公平」という不満が根強くあり、政府は男女共同参画基本計画で〈第3号被保険者を縮小していく〉と閣議決定し、国策として妻たちからなんとかして保険料を徴収する作戦を進めている。
     厚生年金の加入要件を広げることで仕事を持つパート妻をどんどん加入させているのはその一環だ。3年前の年金法改正で厚生年金の適用要件が大幅に緩和され、わずか1年で約37万人が新たに加入している。
     そうして篩(ふるい)に掛けていけば、最後は純粋に無職の専業主婦が残る。厚労省や社会保険審議会では、無職の主婦から保険料を取る方法も検討してきた。
    「第3号を廃止して妻に国民年金保険料を払ってもらう案、妻には基礎年金を半額だけ支給する案、夫の厚生年金保険料に妻の保険料を加算して徴収する案などがあがっている」(厚労省関係者)
     令和の改革でいよいよ「3号廃止」へと議論が進む可能性が高い。
    ※週刊ポスト2019年5月3・10日号

    関連
    【令和の年金改悪】令和の年金改悪のターゲットは団塊ジュニア 2300万円カットも 支給開始年齢を68歳→70歳→75歳へと ★7
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556927483/

    ★1:2019/05/05(日) 07:54:32.50
    前スレ
    【年金半額案】働く女性の声を受け「無職の専業主婦」の年金半額案も検討される ★15
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557070311/


    【【政策】専業主婦の年金受給額半減を検討 働く女性の意見を受けて】の続きを読む



    (出典 d1d7kfcb5oumx0.cloudfront.net)


    人ん家のものを勝手に見てはいけません

    1 みなみ ★ :2019/04/19(金) 21:47:55.60

    2019年4月19日 19時50分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16342782/

    配達員が、うちのポストの中の郵便物を勝手に見ていた――。ある女性が、ドアホン映像にそんな姿が残っていたと不安を訴えた。

    配達員は大手運送会社の協力会社のドライバー。会社側は配達先の名前を確認するためだったとしたうえで、J-CASTニュースの取材に「お客様に対して多大なるご迷惑とご不安を与えましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

    「当社が定めた確認行為ではありません」

    被害に遭ったのは、都内に住む20代の女性。自宅のドアホンの記録を確認した際、配達員とみられる男が郵便ポストを開け、郵便物の裏表を見ている姿が映っていた。ポストには運送会社の不在連絡票が投函されていたため、特定にいたった。

    女性はJ-CASTニュースの取材に、「こういったことが行われているとポストの中を抜き取られていることも考えられるため不安に思いました」と心境を明かす。

    この運送会社の広報課は取材に「弊社で調査した結果、協力会社に所属するドライバーと判明致しました」と事実を認め、「この度はお客様に対して多大なるご迷惑とご不安を与えましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

    本人に聞き取りをしたところ、配達先の名前を確認するために郵便物を調べたという。しかし、広報課は「当社が定めた確認行為ではありません」とする。

    本人には指導を行い、女性にも協力会社の責任者が直接謝罪する予定だとした。「今後につきましては、ご出荷されたお客様の指示通りの配達を履行し、再発防止に向け、ドライバー教育に全力で取り組みます」(広報課)


    【【恐怖】配達員が名前確認のためポストの中身を勝手にあけ...会社側が「心よりお詫び」】の続きを読む

    このページのトップヘ