ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    カテゴリ: 健康


    ハゲ(禿、禿げ)とは、加齢、疾病および投薬の副作用、火傷、遺伝的要因などにより髪の毛が薄い、もしくは全くない頭部などを指す。またハゲた場合頭皮に艶が出やすい。頭部がつるつるに禿げている様を指し、つるっぱげ(つるっ禿げ)もしくはツルハゲ(つる禿げ)とも呼ぶ。頻繁に動詞化するが、その際「禿」の字が使われることはまれである。
    19キロバイト (2,916 語) - 2019年8月12日 (月) 20:06



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ハゲは嫌だwww

    1 猪木いっぱい ★ :2019/08/21(水) 16:49:33.51

    ハゲ。それは多くのお前らが恐れる言葉。老化に関しては、男性の大部分(そして女性でさえ)が恐れているものがいくつかあり、それは間違いなくハゲかかっています。

    脱毛の2つの主なタイプは、円形脱毛症(体自身の免疫系が毛包を攻撃して脱毛を引き起こす場合)と男性型脱毛症(脱毛が続いて脱毛を引き起こす遺伝性脱毛症)です。継承された条件です)。

    1日に100本の髪の毛が抜けるのは普通ですが、成長しているよりも多くの髪の毛を失い始めると問題が発生します。

    研究によると、DHT(5α-ジヒドロテストステロン)は男性のアンドロゲンホルモンであり、卵胞の収縮を引き起こします。これにより、寿命が短くなり、発毛が減少するため、DHTが高くなると発毛が妨げられます。

    アメリカ脱毛協会は、30代半ばまでにアメリカ人男性の3分の2がある程度の脱毛を経験することを発見しました。さらに、50歳までに男性の約85%が大幅に薄毛になります。

    残念なことに、多くのお前らが思春期の早い時期に薄毛を経験し始める可能性があります。薄くなることは最初にこめかみの上で始まり、それが周囲と頭頂部の周りを動きます。

    そしてこれはすぐに頭皮の底に沿って残っている毛の輪をもたらします。
    やがて、髪の毛が薄くなるとすぐに頭皮が完全に脱毛します。

    注:ハゲないための12の施策が提供されていますが、今回は緑茶の効力を紹介します。

    緑茶
    Skinmed誌に掲載された研究では、抗酸化物質が豊富で、緑茶が抜け毛を治療することで房の健康を保護するのに役立つことがわかりました。

    Skinmed誌より

    皮膚科における緑茶。
    イランのジャロム医科学大学皮膚科のカゼロウニ先生が語りました。
    この簡単なレビューの目的は、緑茶製剤と皮膚科におけるその使用に関するすべてのin vitro、in vivo、および対照臨床試験を要約することです。
    広範な文献検索を実施して、in vivoおよびin vitroの研究ならびに臨床試験を特定しました。

    20件の研究が評価され、その結果は、緑茶の経口投与がフリーラジカルの除去、癌予防、脱毛、皮膚老化に加え、ソラレン-UV-A療法に伴う有害作用に対する保護に効果的である可能性を示唆しています。

    緑茶抽出物の局所適用は、アトピー性皮膚炎、尋常性座瘡、酒さ、男性型脱毛症、多毛症、ケロイド、生殖器war贅、皮膚リーシュマニア症、およびカンジダ症に対して潜在的に有効でなければなりません。

    いくつかの皮膚病状に対する緑茶の使用には有望な結果があります。 しかし、経口および局所緑茶の有効性は常に確認されているわけではありません。

    脱毛は単なる表面的な問題ではありません。
    Journalof Health Psychologyで発表された研究では、脱毛は「患者の劇的で破壊的な感情を引き起こし、自尊心、身体イメージ、および/または自信に悪影響を与える可能性がある」 」。

    それを念頭に置いて、手遅れになる前に予防措置を取ることが重要です。 しかし、お前らが髪を失ったことに気付いた場合、希望を失わないことが重要です。
    むしろ、それが精神的健康に影響を与えないようにしてください。それが全体的な健康に影響を与える可能性があります。

    gooqle翻訳一部割愛
    https://www.longevitylive.com/live-better/men-prevent-hair-loss/
    参考サイト 皮膚科における緑茶レビュー
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23346663
    https://www.longevitylive.com/wp-content/uploads/2015/03/shuttersto*_254736505.jpg

    (出典 www.longevitylive.com)

    https://www.longevitylive.com/wp-content/uploads/2019/08/barber-barbershop-blurred-ba*ground-2040189-620x930.jpg


    【【朗報】ハゲに効く飲み物が発見されるwwwwww】の続きを読む


    ダイエット(diet)とは、規定食という意味である。 人や動物や共同体が習慣的に摂る食品のこと。 食事療法: 健康のため、美容のため、肥満の防止(や解消)のため、食事を制限すること。 ダイエットは体重を目安にするが、 健康体重、標準体重、理想体重、目標体重、美容体重、モデル体重と、いろいろな指標がある。
    12キロバイト (907 語) - 2019年7月24日 (水) 17:41



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    ダメなパターンww

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2016/08/05(金) 16:53:28.75 ID:ArrYBo2S.net

    ダイエットした後のキープの仕方がわからない。
    美味しいものを解禁して食べたら爆食しちゃって、太っちゃった。。
    3週間くらいドカ食いしたからまた痩せるまで時間かかるのかな....


    【ダイエットして痩せた⇒ドカ食いリバウンドwww】の続きを読む



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    最高です!www

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/08/05(月) 09:12:13.642 ID:oFDs1IE9a.net

    脂質96gもある


    【ダイエット始めたけど唐揚げ買うたったわww】の続きを読む


    健康分野でのフィットネス(英: fitness)とは、肉体的観点、健康的観点で望ましいと考えられている状態に適っている状態、およびそういう状態でいること、そういう状態でいる/状態になるために行う行為・活動などを指している。すなわち健康のための運動であり、セルフケアの一つを構成する。
    15キロバイト (1,923 語) - 2018年4月12日 (木) 01:42



    (出典 www.shiawasenomura.org)


    もったいないから辞めればいいのにねww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/04(日) 08:29:56.46

    2017年に某大手フィットネスジムの会員の稼働情報を目にしたことがあるのですが、会員の来店率は年間で約20%程度らしく、
    約80%の会員数は幽霊会員ということになります(幽霊会員とは会費を払い続けているにもかかわらずジムの利用がない会員のこと)。

    つまり継続してジムに通っている方は約20%しかいないことになります。
    フィットネス先進国ではジムに通っている人は全体の約10%、日本は全体の1%だといわれていました。
    しかし近年のフィットネスブームで3%にまで増加したようなのですが、フィットネス先進国と比べるとまだまだですね。
    日本でジムに通っている人が全体の約3%、その中で継続している方が20%。
    1000人の中の30人がジムに通っていて、その中で継続してトレーニングしている人が6人。
    ジムに行っている人や、しっかり継続できている人が少ないことに対して、トレーナーとして非常に残念に思います。

    では何故、フィットネス先進国と比べると日本のフィットネスの普及率が低いのか?様々な観点から考察してみましょう。

    医療費

    フィットネス先進国のアメリカと日本の医療費を比べると、日本は診察や治療に掛かる費用の自己負担が2~3割程度ですが
    、アメリカは医療保険への加入義務がないので加入していなければ全額負担となります。
    そしてアメリカの医療費は(クリニックや病院ごとに異なる)そもそもが高額です。

    その理由としては医師の給料や薬剤費などによるもので、日本の医師免許は一度取得してしまえば更新などはなく一生有効な資格に対し、
    海外の医師免許は州によっても異なりますが1~2年で更新しなくてはならず、その際に更新費用や更新するための試験に合格する必要があります。
    その結果、医師の給料が高額になり、新しい医療技術の導入などが望める反面、風邪などの比較的軽い病気に対しての治療や薬剤代がかさんでしまうことになります。

    医療保険へ加入していたとしても高額な費用が掛かってしまうアメリカの方達は、
    自己の体調管理に対しての考え方が日本とは大きく異なるので、運動や食事に気を遣う要因の一つだと思います。

    食やトレーニングの環境

    上記の医療費の違いから、なるべく医療機関を利用しないために食事や運動を通して体調管理をすることのイメージが掴めてきたと思うのですが、
    ここからは需要と供給の話で日本と比べて健康で強い体を作らなくてはいけないアメリカの人々は筋肉の栄養となるタンパク質を多く含む肉や魚、
    体のコンディションを整えるためのビタミンやミネラルを多く含む野菜など、食料品に対しての意識や知識も比較的に高いことが伺えます。

    日本ではスポーツ用品店や薬局にしかないサプリメントやプロテインですが、アメリカでは大抵のコンビニやスーパーで普通に取り揃えているので容易に購入できることや、
    その環境に慣れているおかげで抵抗がなく、プロテインやサプリメントを摂取することは当たり前と捉えている人が多いようです。
    またアメリカの食料品を購入する分には税金がかからないため安価で体に良くないジャンクフードではなく、体に良い(日本だと値段が高い)
    新鮮な肉や魚を食べる頻度が増え、豊かな食生活が送りやすいです。※食料品に対しての税金は、お店で食べると課税対象となり持ち帰ると非課税です。

    運動する環境としては、まずジムの数が多いことや公園などでも筋トレができるような設備がある。
    フィットネスジムのマシンも日本のジムと比べると最先端のマシンやプロテインを飲めるバーラウンジなどの環境があり、クオリティが高いジムが多い。安全に効果の高いトレーニング環境が整っています。

    海外の方達は自分の体に何が不足しているのかなど体調不良にならないために栄養摂取の知識を自ら学んだりトレーナーに相談するなど、一人一人の意識が高い。

    ある意味トレーナーという職業は海外で医師にも匹敵する存在なのかもしれませんね。

    https://cocokara-next.com/fitness/ghost-member-80-of-gym-members-01-st/2/
    2019/7/27


    【フィットネスジム 日本人は会費は払うけど、通わない幽霊会員の割合が多すぎる・・・】の続きを読む


    保険制度を整備し、全国民の生活を保障することとした。1961年に国民健康保険制度が完全普及される一方、国民年金制度が発足し、国民皆保険国民皆年金が実現した。 一時的な労働不能の保険事故には、病気やけが、出産、失業などがあり、医療給付や手当金等の短期給付が行われる。永続的な労働不能の保険
    23キロバイト (3,334 語) - 2019年2月6日 (水) 10:34



    (出典 ha-chi.biz)


    国民が不健康になってくれないと困る人たちがいるから仕方ない。

    1 孤高の旅人 ★ :2019/07/20(土) 08:36:37.30

    国民皆保険制度は崩壊の危機。理由は「高齢化」だけではない
    7/20(土) 6:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190720-00065915-gendaibiz-life

    心配なのは年金だけじゃない
     「老後資金として2000万円必要」

     そう記された金融庁の報告書が大きな問題となった。おそらくは少なからぬ人々が、老後にそのくらいは、あるいはもっと必要であることを気がついてはいただろうが、国があらためてそのことを発表したことが衝撃をもって受け止められている。また、明日7月21日には参議院選挙があり、社会保障は各党の主要な争点となっている。

     将来が懸念されるのは、年金だけではない。「だれもが平等に医療を受けられる制度」として、この国の健康や長寿化にも寄与してきた国民皆保険制度も危機に瀕し、医療に関しても先行きは不透明だ。

     1961年に全国の自治体で達成され、長らく日本の医療を支え続けた国民皆保険制度。日本ではこれまで、どんな疾患に関しても、すべて公的な医療保険でカバーされてきた。義務教育就学後~70歳では、医療費は3割負担であり(義務教育就学前は基本的には2割、70歳以降は所得及び年齢により1割~3割)、例えば、医療機関に風邪でかかっても(風邪は基本、市販薬で休養すれば十分なので受診する必要はないと筆者は考えるが)、数百円の支払いですむ。

     公的医療保険のカバー範囲が少なく自由診療を基本とするアメリカでは、破産の原因第1位が医療費によるものだが、日本では国民皆保険のため、医療費による破算は社会問題とはなっていない。

     しかし近年、国民皆保険制度の危機が叫ばれている。原因は、医療費の急激な増加だ。

    医療費は2040年には約70兆円に
     2017年度の医療費は42兆2000 億円と過去最高を記録した(2016年度は、高額医薬品の薬価引き下げなどにより14年ぶりに前年よりもマイナスを記録していた)。社会保険料の自己負担分は年々上昇しており、2040年には医療費は約70兆円に増大すると厚生労働省は試算している。

     一方、最近は少子化がすすみ(合計特殊出生率は、2018年は前年より0.01減った1.42となった)、将来的な生産年齢人口の減少は食い止めることができない。以前からの少子化による、子どもを産める世代の女性の減少および非婚化により、今後人口上昇に転じさせることはほぼ絶望的だ。

     高齢者人口の増加による医療費の増大、生産年齢人口の減少により税収が伸び悩むことを考えると、このままでは、皆保険の持続が危ぶまれることが言うまでもないだろう。

    以下はソース元で

    次ページは:協会けんぽ黒字も、国の補助がなければ赤字
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190720-00065915-gendaibiz-life&p=2
    次ページは:「持続可能性」が危ぶまれる皆保険
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190720-00065915-gendaibiz-life&p=3


    【国民皆保険制度は永続的に維持できない?2040年に予想される衝撃の医療費!】の続きを読む

    このページのトップヘ