ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    カテゴリ: 俳優



    (出典 tktktakunet.com)



    1 シャチ ★ :2019/10/02(水) 21:25:37.51 ID:+CHQeQ/M9.net

     芸能界を引退した成宮寛貴(37才)が、テレビ朝日系ドラマ『相棒』で芸能界に復帰することが決まった。

    放送開始から20年目の節目を迎えた『相棒』。水谷豊(67才)演じる杉下右京の相棒役の反町隆史(45才)もすっかり定着し、盤石の安定感を誇る。加えて、10月9日スタートの新シリーズ「シーズン18」は、かつてない力の入れようだという。

    「“映画並みのスケール”を目指し、局をあげて盛り上げています。制作費も莫大で、初回は『テレビ朝日開局60周年記念スペシャル』と銘打っていて特に豪華。ゲスト出演者に船越英一郎さん(59才)を迎え、北海道で2週間にわたって大型ロケを敢行したそうです。ドローンを飛ばして雄大な自然を一面に映し出すなど、まさに映画レベルのスケールです」(テレ朝関係者)

    『相棒』は、ゲスト出演者がビッグなことでも知られている。特に、シーズンの初回や正月などのスペシャル版では大物俳優が登場し、ファンを沸かせてきた。実は、今シーズンでは初回以外に、驚きのゲストが予定されている。相棒史上最大といえるサプライズ──。

    成宮寛貴の復帰だ。

     成宮は、3代目相棒の“カイト”こと甲斐亨役としてシーズン11~13(2012~2015年)に出演。水谷とのコンビがファンに高い人気を誇り、『相棒』を卒業後もさまざまなドラマで活躍してきた。しかし、2016年12月に写真誌で違法薬物の使用疑惑などが報じられると、芸能界引退を発表。所属事務所も辞め、日本を離れた。

    「引退後、成宮さんはオランダの大都市で生活していたそうです。海外にいながら単発の仕事ができないか模索していましたが、なかなか仕事もなく、貯金を切り崩しながら雑居ビルの一室でひっそりと暮らしていたのだとか。近所に住んでいる日本人のラーメン店主がお腹をすかせた成宮さんにラーメンを振る舞うなど、生活のサポートをしていたと聞いています」(芸能関係者)

     現在、成宮はすでに日本に帰国。インスタグラムで近況を報告しているほか、9月には本名の「平宮博重」名義で公式サイトを開設した。マグカップなど自身がプロデュースした商品を販売し活動を始めているが、俳優としても再出発を果たすというのだ。
    (以下ソースで)

    10/2(水) 16:00配信NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00000017-pseven-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    2019/10/02(水) 17:55:21.50
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570006521/


    【【芸能】成宮寛貴、『相棒』で俳優活動再開決定 水谷豊の働きかけも★2】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 ひかり ★ :2019/09/23(月) 18:05:10.43 ID:N01ln4vF9.net

    「サングラスをしていましたが、すぐに玉木さんだとわかりました。私以外にも気づいた人はたくさんいましたが、玉木さんは気にせず
    木南さんと楽しそうに話していました」(目撃した客)

    9月14日、たくさんの人でごった返す都内にある神社にいたのは玉木宏(39)。その隣には昨年6月に結婚した妻・木南晴夏(34)の姿があった。

    この日、神社で開かれていた秋祭りに参加した玉木と木南。互いに上下黒で統一したシックな装いの2人は、お酒片手にゆっくりと境内を歩いていく。
    時折、木南が玉木の背中に手を当てるなど仲睦まじい場面も。実は、玉木がこうした夫婦ツーショットを見せるのは非常に珍しいという。
    玉木をよく知るテレビ局関係者はこう語る。

    「玉木さんは今年1月にニュージーランドで極秘に挙式するなど、ファンの気持ちを第一に考えて行動してきました。それでも木南さんとの結婚後
    ファンクラブの会員数が激減し、今年7月には終了が発表されました。玉木さんもそのことをかなり気にしていて、最近はこれまで以上に
    木南さんとのツーショット姿が見つからないよう細心の注意を払っているといいます」

    それでもこの日、お祭りに姿を見せた裏には、“すれ違いの日々”があった。

    「玉木さんは今年に入ってから夏頃までドラマや映画の撮影で大忙し。木南さんもつい先日まで主演ドラマの撮影があり、最近は2人でゆっくり
    過ごす時間もなかなか取れなかったようです。久しぶりに夫婦水入らずの時間を楽しんでいたのでしょう」(前出・テレビ局関係者)

    束の間に休息を満喫する2人は、焼きそばを売る屋台へ。仲良くシェアするのだろうか、1つ購入すると境内へと消えていった。
    実は、この焼きそばには玉木の妻への愛情が込められていた。

    「木南さんは大のパン当で有名ですが、実は焼きそばにも思い入れが強いんです。それは幼少期、彼女の両親は共働きで忙しく、
    週末はお父さんが頻繁に作ってくれた焼きそばが楽しみだったからだそうです。お母さんは調理士免許を持つほどの腕前ですが、お父さんもなかなか
    上手だったそう。玉木さんもそのことを知っていて、2人で思い出の焼きそばを楽しんだのでしょう」(夫妻の知人)

    味覚の秋の“庶民派デート”で2人の絆も深めた一夜だった――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00010009-jisin-ent

    (出典 img.jisin.jp)


    【【芸能】玉木宏が夫婦ショット見せない訳 会員激減でファンクラブ終了】の続きを読む



    (出典 gogohappylife0205.com)



    1 ひかり ★ :2019/09/17(火) 22:05:11.55 ID:AlORqzVt9.net

    『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(11年テレビアニメ放送、 13年劇場公開)や『心が叫びたがってるんだ。』(15)のクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再集結を果たしたオリジナル長編アニメーション映画
    『空の青さを知る人よ』(10月11日公開)のブルースカイプレミアイベントが9月17日にイイノホールで開催され、吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音、落合福嗣、大地葉、種崎敦美、松平健、長井龍雪監督が登壇。
    映画のタイトルにかけて「青かった過去」について聞かれた吉沢が、「高校時代、カーストで言うと一番下みたいなところにいた。リア充みたいな人たちの悪口をずっと言っていた。青いというか、黒かった」と暗黒期を告白して会場の笑いを誘った。

    本作は、『あの花』『ここさけ』を生みだした、長井監督、脚本家の岡田麿里、キャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム「超平和バスターズ」の最新作。両親を失い2人暮らしの姉妹と、
    姉のあかねのかつての恋人である慎之介、そして過去からやって来た18歳の慎之介、通称“しんの”の四角関係を描く。

    高校時代は「友達も少なくて、固定の友達が2、3人いるくらい。その人たち以外とはほとんどしゃべらなかった。高校時代を楽しんで、キラキラしているモテそうな男について『別にかっこよくねえから』みたいな悪口を
    ずっと裏で言っていた」と明かした吉沢。当時を“ドス黒めの青”と振り返ったが、2021年放送のNHK大河ドラマ第60作「青天を衝け」では主演を務めることが決定するなど、“青”と縁のある作品が続いている。
    「『青天を衝け』ですから。真っ青です。フレッシュに頑張りたいと思います!」と大河ドラマに向けても、熱く意気込んでいた。

    本作でアニメ声優初挑戦を果たした吉沢は、劇中では慎之介役と“しんの”役にチャレンジしている。吉沢は「『あの花』『ここさけ』ももともとファンだった。参加させていただけたことはすごく光栄なことでもありつつ、
    作品の邪魔をしちゃいけないというプレッシャーもあった」と不安も大きかったというが、長井監督は「堂々とメインを張っていただいた。皆さん驚かれると思う。心の準備をしてほしいくらい。本当に素晴らしいので、
    期待していただいて大丈夫です」と吉沢の声の演技を大絶賛。

    吉沢は「普段のお芝居の5、6倍くらいのテンションで芝居をしている感覚。いままでにないくらいはっちゃけたりすることもあった。自分の声を録音して聞いてみたりすると、いろいろな発見があった」と試行錯誤したと話し、
    「大変でしたが、楽しかったです」と充実の表情を見せていた。

    https://movie.walkerplus.com/news/article/205364/

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】吉沢亮、高校時代は“カースト最下位”「リア充の悪口言ってた」】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/16(月) 14:50:18.54 ID:YA/aq0Np9.net

    2021年のNHK大河ドラマが、新一万円札の顔としても注目される渋沢栄一を描く「青天を衝(つ)け」に決まり、主演を俳優の吉沢亮が務めることを9日、同局が発表した。

    渋沢は「日本資本主義の父」と呼ばれ、約500もの企業を育て、同時に約600の社会公共事業にも関わった人物。晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補にも2度選ばれた。

    ドラマは、幕末から明治にかけ、時代に翻弄され挫折を繰り返しながらも、青天を衝くかのように高い志を持って緻密な計算と人への誠意を武器に、未来を切り開いた渋沢の生涯を描くという。

    「来年の大河ドラマは『本能寺の変』で知られる明智光秀の生涯を描いた『麒麟がくる』で主演は長谷川博己。
    長谷川といえば、主演映画『シン・ゴジラ』の大ヒットなどで知られているだけに、大河俳優としての格は問題ないが、吉沢はブレーク中ながら、まだ大河主演は早いのでは、というタイミング。
    NHKとしてはなかなか大胆な起用となった」(芸能記者)

    そこで浮上しているのが、NHKが吉沢の所属事務所に突き付けた“交換条件”だというのだ。

    「吉沢の事務所の先輩はサザンオールスターズだが、サザンの今年と来年の2年連続の紅白出演と、サザンか桑田佳祐が大河の音楽を担当するという条件を突き付けたようだ。
    今年の紅白では桑田佳祐が手掛けた今年末公開の映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の主題歌とサザンの曲を、五輪イヤーの来年はまだ完成していない民放各局共同の五輪応援ソングを歌うことになりそう。
    大河の音楽も話題になりそうだ」(レコード会社関係者)

    今後、サザンと桑田をNHKで見る機会が増えそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2005980/
    2019.09.16 08:00 リアルライブ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【【芸能】吉沢亮の大河主演の裏でNHKが所属事務所に突きつけた“交換条件”とは】の続きを読む



    (出典 mappourennai.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/15(日) 06:54:28.54 ID:BSvhtr3D9.net

    俳優の市原隼人(32)が車を運転中、東京都世田谷区で前の車に追突する事故を起こしたことを11日、一部メディアが報じた。

    報道によると、事故があったのは今月7日正午すぎ、世田谷区羽根木の環状7号線外回りで、市原が運転する車が、渋滞で停止していた車に追突。
    追突された車は、事故のはずみでさらに前の車にも追突。

    市原にケガはなかったが、追突された2台の車を運転していたいずれも20代の男性が、首の痛みを訴えており軽傷。
    警視庁は、市原の前方不注意とみて調べているという。

    「市原が運転中に事故を起こしたのは今回が初めてではない。2007年3月には市原が運転する乗用車と直進してきた乗用車が衝突。
    また、09年11月には都内で追突事故を起こし、ブログに『車の運転は極力避けようと思います』とつづっていたが、結局、運転はやめられなかったようだ」(芸能記者)

    3度の事故のうち2度までが追突。そこで浮上してきたのがある疑惑だというのだ。

    「見た目が好戦的なのに、車に乗るとさらに荒い性格になるようで、チンタラ走っている車はガマンできないようだ。
    前を走っている車からすれば、まるであおり運転をされたかのような恐怖感を感じているのでは」(テレビ局関係者)

    法整備が検討されているあおり運転だが、今後の仕事のことを真剣に考えるなら、市原はハンドルを握るのをやめた方がよさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2002375/
    2019.09.12 20:50 週刊実話


    【【芸能】またまた事故を起こし“あおり運転疑惑”が浮上した市原隼人】の続きを読む

    このページのトップヘ