ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    カテゴリ: タレント


    藤田 ニコル(ふじた ニコル、Nicole Fujita、1998年2月20日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、YouTuber。 ニュージーランド出身。オスカープロモーション所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。元EMMARY初代編集長。『ViVi』専属モデル。現在は東京都在住。
    22キロバイト (2,409 語) - 2020年1月27日 (月) 10:14



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 カーディフ ★ :2020/02/14(金) 17:20:17 ID:+i4BqA4p9.net

    バラエティータレントとして確かな地位を築いている藤田ニコルが、にわかに嫌われ始めているという。

    「ニコル自身は、タメ口キャラというローラやりゅうちぇるの二番煎じでブレーク。
    その後、意外としっかりものというキャラ変をしていき、最近では空気が読める女子という立場でバラエティーを席捲。
    しかし、その私デキマス感が、マイナスに働きだしているようなのです」(芸能記者)

    ニコルが嫌われているのは、上から目線の鼻につく姿勢。
    昨年7月放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、ゆきぽよに対して「いつまで、ゆきぽよでいるか心配。肩書が弱い。今のうちに他に何か見つけた方がいい」と毒舌でアドバイス。
    まるで自分は、既にすべてを手に入れ、芸能界でずっと生き残れるという言い方で、ネット上で批判が続出していた。

    「さらにラジオ番組では、芸能界のパパ活事情について、『私クラスではいない』と自分を棚上げ。
    彼氏についても、『イケメンしか無理』『芸能人しか無理』と、なぜか自分をイイ女だと信じ込んでいる勘違いぶりが反感を買い、ニコルのアンチが増殖。
    もともとスタイルや顔を売りにせず、ファニーフェイスとファッションの個性だけでモデルをやっていましたが、最近は常識人ヅラしてその個性も失いかけているようです」(芸能記者)

    https://myjitsu.jp/archives/107716

    (出典 myjitsu.jp)


    【【芸能】藤田ニコル イイ女気取りでアンチ急増wwww】の続きを読む


    熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校へ進学するが、芸能
    26キロバイト (3,741 語) - 2020年2月10日 (月) 09:29



    (出典 kiokulog.com)



    1 Egg ★ :2020/02/11(火) 21:43:52 ID:wY1tEhmj9.net

    タレントの熊田曜子(37)が11日、自身のインスタグラムとブログで翌12日の午後7時にYouTubeチャンネル「熊田曜子チャンネル」を開設すると発表した。

    熊田がオープンを予告すると、コメント欄では「絶対みます!チャンネル登録速攻します」といったコメントが寄せられていた。

    最近は芸能人の“ユーチューバーデビュー”が相次いでおり、今月に入ってからもお笑いタレントの江頭2:50が「えがちゃんねる」をオープンし、9日間で登録者数100万人を突破した。

    2/11(火) 21:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-02110204-sph-ent


    【【芸能】芸能人の相次ぐyoutube参入 今度は熊田曜子】の続きを読む


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年(昭和60年)5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川
    135キロバイト (14,850 語) - 2020年2月6日 (木) 04:13



    (出典 www.yomiuri.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/11(火) 10:00:42.61 ID:N/P+c2mu9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手でタレントの中川翔子(34)が制服姿を公開し、ネットからさまざまな声を集めている。

    中川は5日放送のバラエティー番組『BACK TO SCHOOL!』(フジテレビ系)に出演。京都芸術高等学校で高校生との時間を過ごした。

    中川は放送後にインスタグラムを更新し、「Back to schoolご覧いただいた方、たくさんのメッセージありがとうございます」と番組視聴者にお礼。番組の中で着用した高校の制服姿やジャージ姿を披露した。

    実際の学生生活ではいじめに遭ったことなども告白している中川だが、インスタグラムでは、「中川翔子は、これからも夢の続きを走ります!」と力強くコメント。
    番組で体験した第2の学生生活を充実した時間にさせたようだった。

    このポストに中川のインスタグラムには、「制服姿めっちゃかわいい!」「ほんとの高校生みたい」という絶賛の声が相次いでいたが、一方ネットからは、「何というか痛々しい…」
    「加工がすごいな」「テレビの衣装だからしょうがないのかもしれないけど、無理があるよ」という声も寄せられてしまっていた。

    番組側が決めた衣装ではあるものの、ファンの盲目な褒めっぷりにネットからは失笑が集まってしまっていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/2184422/
    2020.02.11 06:06 デイリーニュースオンライン


    【【芸能】中川翔子の制服姿 30過ぎたらもうダメ?ネットでは賛否】の続きを読む


    竹俣 (たけまた べに、1998年6月27日 - )は、元・将棋女流棋士、タレント(ワタナベエンターテインメント所属)。女流棋士時代は日本将棋連盟に所属し、段位は女流初段、女流棋士番号は45、森内俊之九段門下であった。東京都港区出身。渋谷教育学園渋谷中学校・高等学校卒業、早稲田大学政治経済学部在学中(2017年4月
    25キロバイト (3,002 語) - 2020年2月6日 (木) 02:44



    (出典 oreno-trend.biz)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/09(日) 03:31:44 ID:mZMETUiR9.net

    かわい過ぎる棋士として人気を博していた元棋士・現役女子大生タレントの竹俣紅が、フジテレビアナウンサーに内定したとの報道が駆け巡っている。

    竹俣は有名進学校に通っていた14歳のときに女流棋士となり、大学は早稲田大学に現役で合格。
    以降、将棋界のみならず、容姿や学歴を生かして芸能界でも活躍し、『Qさま!』(テレビ朝日系)や『東大王』(TBS系)といったクイズ番組にたびたび出演していた。

    昨年3月には日本将棋連盟を退会し、自身のブログで《大学に入って、さまざまな価値観に触れたことで、そうではない生き方をしてみたいと思えるように…》とコメント。
    将棋以外の道に進むため退会したことを明かし、その後の去就には注目が集まっていた。

    またお得意の経歴採用か…
    あれから約1年、今度は?女子アナ?としてメディアをにぎわせた竹俣。しかし、ネット上ではフジテレビに対し、

    《ビジュアル重視じゃなくアナウンス力のある女子アナを育てた方がいいと思うけど》
    《キー局のアナウンサー試験が、いかに「コネ」が大事かがよく分かる良い事例だと思う》
    《「元〇〇」という話題性が通用するのは、最初のうちだけ》
    《フジも話題作り必死だな》
    《アイドルアナの時代は終わったでしょうに》

    など、話題性重視の採用だと冷ややかな視線が向けられている。

    「アナウンサーの選考基準に知名度や看板が影響していることは公然の秘密。フジ所属時代に採用担当もしたことがあるというフリーアナウンサー・笠井信輔も、
    昨年放送された『林先生の初耳学』(TBS系)でこれを認めるような発言をしています。笠井は未来のアナウンサーを養成する企画『女子アナ学』で模擬面接を担当したのですが、
    高校卒業後にアパレル業界で働き、自力で学費を稼いでから大学に入ったと明かす候補生に『このエピソードは最強。経歴合格の方に入るんですよ』とコメント。

    少林寺拳法で世界4位になったという候補生にも『?経歴合格?の方に入るんですよ』と口にし、アナウンサー志望者として注目を浴びるためには経歴も大事な要素だと説いていました」(テレビ誌ライター)

    元『乃木坂46』の日本テレビ・市來玲奈、テレビ朝日・斎藤ちはる、元『AKB48』の福岡放送・小林茉里奈など、以前にも増して芸能出身の女子アナが氾濫している昨今のテレビ界。
    彼女たちの採用に経歴が影響していることは想像に難くないが、竹俣もその一員と見る他ないだろう。

    何はともあれ、メディア不信やテレビ離れが進んでいる今、本来は?伝達役?である女子アナのタレント化が進んでいけば、結局はエロい目の餌食になりかねない。
    本人にそのあたりの覚悟がしっかりとあればいいのだが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2185890/
    2020.02.08 17:31 まいじつ


    (出典 aoteen.net)


    (出典 daiki-global.work)


    (出典 public1.potaufeu.asahi.com)


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    (出典 i.pinimg.com)


    【【芸能】竹俣紅 女子アナ転身!?フジテレビがお得意の“経歴合格”で採用か】の続きを読む


    田中 みな実(たなか みなみ、1986年11月23日 - )は、日本の女性フリーアナウンサー、タレント、女優。元TBSテレビアナウンサー。 1986年11月23日(午前10時54分)に、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にて出生、出身は埼玉県朝霞市。
    25キロバイト (3,403 語) - 2020年2月6日 (木) 16:32



    (出典 bijinhyakka.com)



    1 muffin ★ :2020/02/09(日) 13:23:55 ID:p+cb1dUF9.net

    https://news.mynavi.jp/article/20200209-970303/
    2020/02/09

    フリーアナウンサーの田中みな実が9日、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00~11:22)に出演。交際していた一般男性と破局したことを明かした。

    ラジオ番組で「恋愛に区切りをつけた」と語っていた田中。『サンデー・ジャポン』でこの件について聞かれると、「そうですね。相手もすごく移り気な方だったので、一生モテたい人なんだなと思って」と返した。

    続けて、「きっと結婚してもあんまり幸せではないのかもしれないなと、わかっていながらも別れるのが面倒くさく別れてなかったんですけど、このまま一緒にいても自分が傷つくだけかなと思って、ちゃんと終止符を打ちました」と説明。相手について「一般の方?」と聞かれると「そうですね」と答え、別れた時期は「内緒」と明かさなかった。


    (出典 news.mynavi.jp)


    【【芸能】田中みな実、一般男性との破局「一生モテたい人なんです」】の続きを読む

    このページのトップヘ