ニュー速2ch

2chのニュース、エンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    カテゴリ: タレント


    西山 茉希(にしやま まき、1985年11月16日 - )は、日本の女性ファッションモデル、タレント。本名、西村 茉希(にしむら まき、旧姓:西山)。愛称は、マキちゃん、マッキー、茉希など。 新潟県長岡市出身。Grick所属。スリーサイズはB82、W58、H85cm。血液型はO型。
    21キロバイト (2,642 語) - 2019年2月7日 (木) 21:29



    (出典 syufu-tatu.com)


    もっと早く離婚すると思ったww

    1 豆次郎 ★ :2019/06/26(水) 04:46:36.70 ID:cqKg7qam9.net

    6/26(水) 4:01配信
    早乙女太一と西山茉希が離婚…交際時から波乱万丈、結婚6年を機に再出発

     2013年6月に結婚した俳優の早乙女太一(27)と、モデルの西山茉希(33)が離婚していたことが25日、分かった。2人は今月30日に結婚記念日を迎えるはずだった。

     大衆演劇のスターと人気モデルのカップルとして注目を集めた2人がひっそりと離婚していた。関係者によると、2人はすでに離婚届を提出。5歳と3歳の女児をもうけているが、親権は西山が持つとみられる。

     結婚前から波乱万丈だった。11年夏頃から交際を開始し、翌年2月に交際を発表。その後、同せい状態であることも伝えられたが、同年5月に週刊誌で路上での大げんかや早乙女の「DV騒動」が報じられ話題になった。13年1月には破局が伝えられ、西山も「事実として今まで一緒に住んでいた家は離れました」と同せい解消を認めた。

     しかし同年4月に西山の妊娠と結婚を発表。5月には同居を再開し、6月に婚姻届を提出した。西山は雑誌で「周りのみんなが昔はあれはやっぱりただのけんかだったんだね、て笑ってくれるようになるまで一緒にいよう」という早乙女の言葉に結婚を決意したことを明かし、「私にとってはあれが、プロポーズの言葉みたいなものだった」などと語っていた。

     同年10月に長女を出産。15年6月30日の結婚記念日にハワイで挙式し、翌年4月には次女を出産した。西山は昨年12月に著書のイベントで早乙女について「マイペース。家庭において全く腹が立たないなんてことはないですけど、壮絶なバトルは(結婚前に)やり終えましたから」と話していた。

     ◆早乙女 太一(さおとめ・たいち)1991年9月24日、福岡県生まれ。27歳。幼少期から劇団員として育つ。95年に4歳で舞台デビュー。2003年、「座頭市」で映画デビュー。弟は俳優の早乙女友貴、その妻は元SPEEDの島袋寛子。今年1月、音楽活劇「SHIRANAMI」で主演。

     ◆西山 茉希(にしやま・まき)1985年11月16日、新潟県長岡市生まれ。33歳。スカウトをきっかけに04年にモデルデビュー。05年5月から「CanCam」専属となり、同年6月号で表紙に。10年5月、フジテレビ系「月の恋人」でドラマデビュー。身長168センチ、48キロ。血液型O。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000014-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【早乙女太一と西山茉希が離婚 二人の娘の親権は西山が持つことに】の続きを読む


    バイキング』(英称:High Noon TV Viking!)は、フジテレビ系列で2014年(平成26年)4月1日から毎週平日(月曜日から金曜日)の11時55分から生放送されている情報トークバラエティ番組である。番組終了時刻は何度か変更となっている。 2018年(平成30年)6月11日から7月1
    184キロバイト (13,935 語) - 2019年6月25日 (火) 04:35



    (出典 www.rbbtoday.com)


    みっともないww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/25(火) 15:16:41.33 ID:sBj4V/qj9.net

    反社会的勢力の会合に事務所を通さない“闇営業”で参加し、ギャラをもらったとしてお笑い芸人13人に謹慎処分が下された。
    坂上忍は25日放送の『バイキング』(フジテレビ)に出演し、13人の内の1人である雨上がり決死隊・宮迫博之の謝罪文について苦言を呈した。

    吉本興業が発表したコメントの中で、宮迫は「この度は世間の皆様、関係者の皆様、並びに番組・スポンサーの皆様に大変なご迷惑をおかけし申し訳ございません」と謝罪し、
    「そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」とコメントしていた。

    コメンテーターの国際弁護士、清原博は宮迫の謝罪文の「間接的ではありますが、金銭を受領していた」と書かれた部分が気になると言い
    「お金を受け取るのは直接であろうが、間接であろうが同じことであって、弁解の余地がない。あえてここで『間接』って言葉使ったことによって、
    その後に『深く反省してます』って言葉があっても、本当に反省してるんですか?と、なんで『間接』なんて言い訳じみたこと言うんですか?ってなる。
    『間接』って言葉は私はなかった方が良かったと思います」と語った。

    坂上も「間接的」という言葉が気になっていたようで、「他の人の謝罪文も読みましたけど、総じて他の子達って完全降伏してるんですけど、
    そういう流れで見て行くと、この『間接的では』というのがやっぱり目立つ」と私見を話していた。

    ネット上でもこういった声は多く、謝罪文が出た直後から「まだ逃げたい気満々で嫌気がさす」「この期に及んで『間接的に』ってつけてるのがカッコ悪すぎ」
    「保身を図ってると思われても仕方ないね」「みっともない」など宮迫の余計な一言がネットでバッシングを受けている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16674706/
    2019年6月25日 14時39分 RBB TODAY


    【坂上忍 宮迫の謝罪文の「間接的に受け取った」部分に「本当に反省してる?」】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
    34キロバイト (4,491 語) - 2019年6月22日 (土) 13:04



    (出典 d1h6vysjrii7nx.cloudfront.net)


    やっちまったな!ww

    1 豆次郎 ★ :2019/06/24(月) 19:31:03.86 ID:ku5SRUX49.net

    タレントの小島瑠璃子が、女優の土屋太鳳をディスるツイートに〝いいね〟してしまったことがネット上で大きな話題になっている。

    事の発端は、一般人の

    《こじるりとかは賛否分かれるけど、たおは9割ぐらい嫌ってんじゃない?(笑)》

    というツイート。『ぐるナイ』(日本テレビ系)の「ゴチになります」で土屋が負けて涙を流した出来事に対して、ごくごく普通の人が感想を漏らしたツイートなのだが、何とこれを小島が〝いいね〟していたというのだ。

    小島の〝いいね〟は既に取り消されているが、スクリーンショットでしっかりと〝いいね〟した記録は保存されており、小島は言い逃れができない状態になっている。

    裏アカのつもりで誤爆か?

    これにネット上では、

    《こじるりは土屋を警戒してるのか》
    《相変わらず性格悪いねえこじるりちゃん》
    《完全に女の嫉妬だろ。 どう考えても土屋太鳳の圧勝だし》
    《小島瑠璃子はポジション奪われそうで嫉妬してんだよ》

    などといった声が上がっている。

    「小島をかばうなら、〝いいね〟したことが事実だとしても、それが本意ではない可能性は十分あります。エゴサーチしていて〝いいね〟ボタンを誤ってタップしてしまっただけというのが、一番濃厚でしょう。芸能人の中には自分を褒めてくれているツイートに〝いいね〟連発するタイプもいますが、小島は基本的に一般人のツイートに〝いいね〟していませんからね」(女性誌記者)

    しかしある理由から、小島が本気で土屋を嫌っているとも推測できるという。

    「小島が自分の〝公式ツイッター〟で今回のツイートに〝いいね〟したのは確実に誤爆。しかし、〝裏アカウント〟で〝いいね〟しようとして、誤って公式アカウントで〝いいね〟した可能性はあり得ます。芸能人が〝裏アカ〟で一般人を装い、好き勝手ツイートしているのは周知の事実。もしかしたら、数ある〝土屋アンチ〟アカウントの内の1つが、小島の〝裏アカ〟だったりして…」(同・記者)

    小島といえども、今回の誤爆は他事務所の土屋を巻き込むのでネタにできないだろう。裏で和解していると信じたい。

    https://myjitsu.jp/archives/87125


    【小島瑠璃子 ツイッター誤爆!土屋太鳳をディスるツイートにが思わず「いいね!」】の続きを読む


    ベッキー(1984年3月6日 - )は、日本のタレント、女優、歌手である。歌手活動時の名義は「ベッキー♪♯」である。 神奈川県出身。亜細亜大学経営学部卒業。サンミュージックプロダクション所属。AB型。夫は元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大。 14歳の時に参加した下着モデルのオーディションで審
    37キロバイト (3,645 語) - 2019年5月16日 (木) 01:15



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    それぐらい寛容になったれ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/19(水) 06:45:07.21 ID:Xy2LMgPE9.net

    今年1月、巨人の2軍走塁コーチ・片岡治大と結婚したベッキーが、18日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。
    男性のある行動に対し不満をぶつける一幕があった。

    この日のテーマは「ちょっと傷ついた男性の言動」。ベッキーは「多分、男性あるあるだと思うんですけど。
    こっちが一生懸命、夜ご飯を作って」と切り出しながら、「手作りの夜ご飯を食べた後にポテチを食べる(のがイヤだ)」と言及。

    ベッキーは再度「一生懸命料理を作った後にポテチを食べられると、『満足しなかったの?』(と思ってしまう)」と強調したが、
    明石家さんまは「別ものでしょ、ご飯とポテチは」と反論。だが彼女は、「でも心は満たされるじゃないですか。
    『美味しい料理作ってくれたな』(と思っていたらポテチは食べない)」と主張していた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16641564/
    2019年6月19日 6時31分 RBB TODAY


    (出典 Youtube)

    片岡応援歌


    【【タレント】ベッキー 夫が夕食後にポテチを食べることが許せない!www】の続きを読む


    りゅうちぇる(1995年9月29日 - )は、沖縄県沖縄市出身の日本の男性読者モデル、タレント、歌手、実業家。本名は比嘉 龍二(ひが りゅうじ)。スターレイプロダクション所属。妻は、ファッションモデルの「ぺこ」ことオクヒラテツコ。 1995年、沖縄県宜野湾市で生まれる。5人兄弟姉妹の次男で末っ子。姉
    19キロバイト (2,525 語) - 2019年5月23日 (木) 13:42



    (出典 a-genzai.com)


    かわいそうにwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/18(火) 18:36:26.59 ID:eCdUmu369.net

    6月13日、りゅうちぇるが更新したインスタグラムに注目が集まっている。現在、彼のファンの間では心配の声が飛び交っているという。

    「りゅうちぇるはインスタにて、茶色のポロシャツにジーパン、そして頭には帽子を被った全身写真をアップしました。
    ですが、まるで魂の抜けたような無表情を見せていたことで、コメント欄には『顔が死んでる』『どうしたの?』
    『メンタルがツライなら休養とかしてもいいと思いますよ』と心配の声が殺到しています」(芸能記者)

    この投稿でりゅうちぇるは「ぼくの未来のためにはぼくが動きださないといけない」とコメント。
    その真意については明かしていないものの、最近の彼はメディア露出が激減しているため、テレビなどの仕事以外のステップアップを模索しているのではないかという憶測も飛び交っている。

    そもそも売れっ子だったりゅうちぇるが、テレビから消えたのには、ある理由が関係しているという。

    「りゅうちぇるのテレビ露出が減ったのは過去の発言が影響しているからなのだそう。
    りゅうちぇるといえば昨年、タトゥーを入れたことを公表しましたが、一部ネットユーザーからは批判的な声が殺到。
    これに彼は『こんなに偏見のある社会、どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい』と反論しました。
    しかしこの一件で炎上キャラとなってしまい、業界では扱いづらくなってしまった」(テレビ関係者)

    昨年、妻のぺことの間に第1子をもうけ、パパタレとしても期待されていたりゅうちぇる。
    今後、ほとぼりが冷めた後に再び仕事が増えていくといいのだが。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16638864/
    2019年6月18日 17時40分 アサジョ


    【【タレント】りゅうちぇる 過去のツイッター炎上が災いして、業界で腫物扱いwww】の続きを読む

    このページのトップヘ