ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    カテゴリ: 声優


    楠木 ともり(くすのき ともり、1999年12月22日 - )は、日本の女性声優。東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 中学2年生の時からアニメが好きになり、『こばと。』の再放送を観た際に花澤香菜の演技に惚れ、声優を目指した。養成所には通わず、独学で声優の勉強をしていた。
    29キロバイト (2,804 語) - 2019年8月18日 (日) 01:29



    (出典 pbs.twimg.com)


    かわいいです

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/23(金) 01:34:40.64 ID:T7yMI81L9.net

    【モデルプレス=2019/08/23】声優の楠木ともりが、23日発売「FLASHスペシャル2019盛夏号」の誌面を飾る。

    ◆“天使すぎる声優”楠木ともりが初登場

    3月に「第十三回声優アワード」新人女優賞を受賞した“天使すぎる声優”の楠木が初めて本誌に登場。

    「みんなの心にあかりを灯したい」と語る彼女の言う通り、見た人の心をほんわか明るくさせてくれる自然体あふれるグラビアで魅了する。

    ◆今号のラインナップは?

    このほか今号には、9月1日の全国ツアー最終日をもって卒業となる乃木坂46の桜井玲香や、欅坂46から小林由依と森田ひかるらが登場する

    https://news.livedoor.com/article/detail/16967258/
    2019年8月23日 0時0分 モデルプレス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【“天使すぎる声優”楠木ともり、自然体の美しさで魅了】の続きを読む


    中尾 隆聖(なかお りゅうせい、1951年2月5日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター、歌手、演出家。本名、竹尾 智晴(たけお ともはる)。かつては本名や南谷 智晴(みなみや ともはる)、中尾 竜生(なかお りゅうせい)名義で活動した。東京都出身。81プロデュース所属。早稲田実業学校を卒業。長男は竹尾一真。
    84キロバイト (8,842 語) - 2019年6月14日 (金) 14:23



    (出典 corobuzz.com)


    裏のことは働いている人しか知らないからね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/07(日) 04:43:57.22 ID:DJbeea/e9.net

    昔と違って、最近は地上波のテレビ番組に出ることも珍しくなくなった「声優」という仕事。声優業界に憧れる若者は多くいますが、いったいどんな世界なのか?  
    今回は「声優に求められる資質」について、フリーザやばいきんまんなど数多くの人気キャラクターの声を担当する中尾隆聖氏が上梓した新著『声優という生き方』から抜粋して紹介します。

    よく勘違いされますが、声優事務所のマネジャーは役者個人についているわけではなく、収録スタジオごとにつくのが一般的です。

    音響制作会社がいくつかあって、マネジャーはそこに売り込みをかけますし、その担当者ということになります。
    ほかの芸能事務所では役者やタレントにつきますが、声優においては、こっちの現場はこの人、あっちの現場はあの人というようになります。
    ある意味、全員が自分のマネジャーみたいなものです。

    ある声優のレギュラー番組が決まったとしたら、スタジオつきの担当マネジャーが台本を手配したり、宣伝インタビューの段取りをしたり、そこで演じたキャラにまつわる派生仕事も手配をすることになります。

    個人マネジャーではありませんから、誰が売れても特定のマネジャーの評価が変わるわけではありません。マネジャーのほうでも声優全員を平等にみているということになっています。

    ■「声優のマネジャー」の役割

    スタジオ担当は音響制作会社にはちょくちょく顔を出していて、メインキャストじゃない、ちょい役なんかに若手を売り込んで、現場の経験を積ませていくということも担っています。

    ただし、新人だとか事情のある場合を除いて、マネジャーは収録にも立ち会いません。
    イベントなんかでスタジオ以外のところや地方などに行くときはついていきますが、はっきり言って、声優の仕事は1人で「直行直帰」です。

    私は小学生になる前の幼い頃から、ラジオドラマの収録のために現場に行っていましたが、電車に乗れるようになってからは、ずっと1人で通い続けました。
    声優として仕事をたくさんいただけるようになってからも、ずっと変わりません。

    午前の収録は10時からというのが基本ですが、ちゃんと自分で起きて行ける必要があります。
    どんなに技術や演技力があっても、朝起きられないと仕事ができません。
    一般企業に勤めている人からしたら当たり前のことですし、10時なんて遅いほうだと思います。
    だけど、やっぱりできないという人もいるんです。残念ながら、それが理由で廃業してしまったという人も実際にいました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00285751-toyo-bus_all
    7/6(土) 16:00配信


    【声優というお仕事について 「フリーザ」役でおなじみの中尾隆聖が語る声優の現実とは・・・】の続きを読む


    竹達 彩奈(たけたつ あやな、1989年6月23日 - )は、日本の女性声優、歌手、ナレーター。リンク・プラン(事務所)、ポニーキャニオン(レコード会社)に所属。愛称は主にあやち、あやにゃん。埼玉県出身。O型。本名同じ。公式ファンクラブは「あやな公国」。 14歳(中学2年生)のとき、アイムエンター
    171キロバイト (15,192 語) - 2019年6月23日 (日) 04:58



    (出典 pbs.twimg.com)


    おめでたいね!

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/06/23(日) 16:52:19.01 ID:OSdpAoyL9.net

    6/23(日) 10:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00000320-oric-ent

    梶裕貴&竹達彩奈が結婚発表

     声優の梶裕貴(33)と竹達彩奈(30)が、きょう23日に結婚したことを自身のツイッターで発表した。

     ツイッターで梶は直筆のコメントを寄せ「私、梶裕貴は本日、声優の竹達彩奈さんと入籍いたしました。心からの感謝の気持ちを込めてご報告させていただきます」と発表。「まだまだ未熟な2人ではありますが、どなた様からも応援していただけるよう、一層の努力を重ねてまいります」と決意を新たにしている。

     同じく竹達も直筆のコメントで「まだまだ未熟な私ですが、笑顔あふれる温かな家庭を築いていきたいと思います」とつづっている。

     梶はアニメ『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役など、竹達は『けいおん!』の中野梓役など、互いに多くの人気作品に出演している。
    ★1: 2019/06/23(日) 10:28:34.41

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    ※前スレ
    【寿】梶裕貴&竹達彩奈が結婚発表「笑顔あふれる温かな家庭を」 ★4
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561266544/


    【梶裕貴&竹達彩奈が結婚発表 進撃の巨人とけいおん!の声優に出演】の続きを読む


    尾崎 由香(おざき ゆか、1993年5月15日 - )は、日本の女性声優、タレント。東京都出身。研音所属。血液型はAB型。愛称は主におざぴゅあ。 0歳の頃にパンフレットに写ったことを芸能活動の始まりとしている。 小学3年より舞台やテレビを中心に子役として活動していたが、2015年に元の所属事務所を
    36キロバイト (3,182 語) - 2019年6月1日 (土) 13:04



    (出典 hibiki-cast.jp)


    受け皿的な感じになっているが、それも事務所の経営方針なんだろうね

    1 ( ´∀`) ★ :2019/06/01(土) 10:55:04.84 ID:cKydQ5bM9.net

    訳アリタレントの“駆け込み寺”? 『けものフレンズ』主演声優、山口真帆と同事務所に電撃移籍の理由

    『けものフレンズ』など人気アニメの声を担当していることで知られる声優の尾崎由香が現所属事務所の響を退社し、2019年6月から大手芸能プロダクションの研音に移籍することが発表された。

    尾崎は5月27日、自身のTwitterで「響には、4年間の声優活動を大きく支えて頂き、 沢山のことを学ばせて頂きました。 心より感謝の気持ちでいっぱいです。 本当にありがとうこざいました」(原文ママ)と投稿した。

    研音といえば、暴行被害に遭いNGT48を脱退した山口真帆が移籍した事務所として注目を集めた。
    主な所属俳優は唐沢寿明や山口智子、反町隆史、伊東美咲、志田未来ら、実力と人気を兼ね備えた俳優たちが顔をそろえる中、アイドルの山口、声優の尾崎の存在は確かに浮いて見える。1979年設立の老舗芸能事務所に今、何が起こっているのだろうか。

    芸能事務所の裏事情に詳しい芸能記者はこう語る。

    「研音は今でこそ主演クラスの俳優を多くそろえる俳優事務所の印象ですが、もともとは浅野ゆう子や中森明菜らアイドル歌手が多く在籍する、その名の通りの音楽事務所でした。
    所属している俳優のスキャンダルもなく硬派な印象も強いですが、もともとはアイドルのプロデュースが専門の事務所でした。最近では研音が主力としていたテレビドラマが不調ということもあり、再び音楽産業に力を入れるのでは?との噂がありました」(芸能記者)

    音楽産業に再び力を入れるため加入させたのが、アイドル界を追われた山口だったというわけだ。
    また、尾崎に関しては研音移籍後、声優以外にも顔出しの女優やバラエティ番組の仕事をこなしていくのではないかとの推測がある。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_46314/


    【【声優】けもフレ声優の尾崎由香 研音に移籍。もはや駆け込み寺と化しているwww】の続きを読む


    栗田 貫一(くりた かんいち、1958年3月3日 - )は、日本のものまねタレント、お笑いタレント、俳優、声優、ナレーターである。本名は、栗原 良之(くりはら よしゆき)。ものまね芸を得意とする。愛称はクリカン、栗ちゃん。東京都出身。三木プロダクション、オフィス南所属。妻は女優の大沢さやか。身長1
    37キロバイト (4,835 語) - 2019年5月31日 (金) 00:33



    (出典 www.lupin-3rd.net)


    モノマネしてただけなのにいきなり本物の声優やれっていうのはきついかもね

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/31(金) 21:06:49.64 ID:Kcu34D0s9.net

    「ものすごく大事に預けられた役柄。ずっと死に物狂いでやってきた」。そう語るのは、1995年公開の劇場映画『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』からルパン役を演じている栗田貫一。ルパン役の“先代”山田康雄が急逝し、かねてよりルパンのモノマネをしていた栗田が「できるわけがない」という戸惑いのなかで大役を受け取った。「当初は声優の勉強もしたことがなかった」と振り返るが、今年でルパンを演じ続けて24年。「だんだん山田康雄さんのルパンのマネではなく、ルパンを演じればいいんだと思えるようになった」とルパンファミリーの先輩声優の支えや、海外ドラマ「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」など声優経験を積むなかで、変化が生まれたと明かす。シリーズ最新作『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』も本日より公開されたなか、ルパン役への想いを聞いた。

    『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』は、スタイリッシュかつハードボイルドなタッチで人気を博した小池健監督による『LUPIN THE IIIRD』シリーズの第3弾。セクシーでキュートな「ルパン三世」シリーズのミューズ、不二子が絶体絶命の危機に陥る姿を描く。栗田は「不二子はスパイ的な女だけれど、今回はそんな彼女が、“真実の愛”に弱い部分を見せる。不二子の心の揺れが出た作品」と本作の魅力を分析する。

    ■ 「沢城みゆきは、あっという間に不二子になった」

    2011年には、石川五ェ門役が浪川大輔、銭形警部役が山寺宏一、峰不二子役が沢城みゆきへと声優陣が一新された。本作のメインキャラクターとなる不二子役の沢城については「沢城みゆきという人は、あっという間に不二子になってしまった。増山(江威子)さんの不二子とはまったく違うんだけれど、不二子として成立している。これが沢城みゆきという人のすごいところ」と大絶賛で、「浪川くんも、山ちゃんもそう。あっという間にそのキャラクターになった。やっぱりこの3人は、いまの時代の超レジェンドたちなんだなと思う。新しい家族でスタートしている気がしてね。ファミリーっていいなと思う」とメンバーに厚い信頼感を寄せる。

    ■ 「ずっと、死に物狂いでやってきた」

    栗田がルパン役を受け取ったのは1995年のこと。ルパン役を演じるうえでは「ものすごく変わった」と24年間で意識の変化があったという。「突然、山田さんが他界されて。『2時間の作品なんてできるわけがない』というところから始まった。声優としての勉強もしていないし、やり方もわからない。モノマネしかやっていないから」と戸惑いのなかでスタート。それ以降もテレビスペシャルが年に一度、放送されていたが「15年間くらいは『山田さんだったらこうやるだろうな』というルパンをやっていた。だってそれしか知らないわけですから」と山田のルパンを追いかけていたという。

    「ちょっとずつしかうまくなれないし、山田さんにはどうしたって追いつけないし、追い越せない。僕は僕なりに、ずっと死に物狂いでやってきました」と道のりを述懐し、そのなかでの変化について、こう語る。「ある時、(銭形警部役の)納谷悟朗さんが『これはお前の作品だから。俺たちはお前についていく』と言っていただいたことがあって。重い言葉をいただいたなと、ドーンと責任を感じてね。皆さんが座長に祭りあげてくださった」と先輩声優の言葉に感謝しきり。さらに「新しくレギュラーシリーズが始まったりして、こうやればいいんだとわかったり、『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』という海外ドラマで、声優としての声の当て方を勉強できたりもして。山田さんのことを一度考えるのではなく、『ルパンを演じればいいんだ』と思えるようになった」。

    >>2以降に続きます

    5/31(金) 20:15配信 Movie Walker
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00192013-mvwalk-movi

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【声優】栗田貫一 ルパンをやるのは無茶ぶりだった!?いきなり渡されたバトンに死に物狂いだった24年間】の続きを読む

    このページのトップヘ