ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    タグ:タモリ



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 少考さん ★ :2020/04/15(水) 06:42:27 ID:aPhApyhE9.net

    【タモリ】タモリやたけしも準備か 大物芸能人YouTuber参戦の狂騒|日刊ゲンダイDIGITAL
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/271861

    公開日:2020/04/15 06:00 更新日:

    新型コロナウイルス騒動による収録激減になす術もなく成り行きを見守ることしか出来なかった芸能人が動き始めた。
    売れっ子や大御所、新人を問わず、ユーチューブに活躍の場を求め、情報収集を始めているのだ。
    キー局関係者はこう話す。

    「ここだけの話、タモリやビートたけしといった大御所らがユーチューブ・デビューを
    スタッフに相談し始めているといわれています。
    かつて『ユーチューブはテレビの敵やな』と公言していた明石家さんまでさえも同じ考えのよう。
    さらに多くのバラエティー番組を抱える有吉弘行やくりぃむしちゅー、マツコ・デラックスらも
    ユーチューブでの展開を真剣に考え始めている」

    お笑い王国を自負する吉本興業も、ダウンタウンやナイナイ、今田耕司、加藤浩次ら
    ベテラン勢を対象にユーチューブ本格進出をもくろんでいるという。

    「吉本内でユーチューブに対し懐疑的な考えを持っていた芸人らも、
    コロナ禍を前にさすがにNOとは言えなくなってきた。
    劇場が休止中のため食えない芸人が続出しているからです」(芸能プロ関係者)

    以下ソース


    【タモリやたけしも準備か 大物芸能人YouTuber参戦の狂騒】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/12(土) 20:22:31.78 ID:o45ptuFK9.net

    10月3日深夜放送のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』で、『おぎやはぎ』の矢作兼が激怒したエピソードを明かした。

    同放送で、矢作は新築マンションに引っ越したことを報告。しかしその際、引っ越し業者のスタッフの1人から〝おぎやはぎの矢作〟と名指しされ、「こんなところに居るんだ」と声を掛けられたという。

    この行動に対して矢作は、「引っ越し屋さんでしょ? 制服着てるでしょ? あなたね、渋谷で私服で俺に会ってそれを言うのはいいよ」「だけど大手の信用されている引っ越し業者さんとして来て、そういう看板背負ってる人が、面と向かって『おぎやはぎ矢作だ』って絶対に言っちゃだめでしょ」と注意したそうだ。

    しかし、その業者スタッフが笑い流したため、矢作はついに激怒。上司に苦情を入れ、謝罪を受けたという。

    普段温厚なだけにインパクトが強い
    このエピソードには、矢作の激怒を支持する声が多く上がった。一方で、「矢作でもそんなに怒ることがあるんだ」と驚きの声も…。矢作のように温厚なイメージの芸能人が激怒した例は他にもある。

    「タモリはめったに怒ることがないのですが、〝特定のキレポイント〟があるようです。以前、タモリの付き人を務めていたお笑いコンビ『イワイガワ』の岩井ジョニ男は、車をぶつけても寝坊しても怒られたことがないといいますが、ゴルフコンペに車でタモリを送って行った際、カーナビに任せて道を間違えたときに、タモリが激怒。『もうカーナビなんて捨てちまえ!』と怒鳴り散らしたそうです」(芸能記者)

    『嵐』大野智は、9月28日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、〝20年間で一度だけ〟ブチギレた経験を明かしていた。それはデビューしてから2、3年のころ、マネジャーがメンバーをそれぞれ最寄りの駅に降ろしていき、大野と松本潤が新宿駅で降りることになったのだが、松本が「ねえ、リーダー、今からメシでも行く?」と、車から降りずに大野に5分ほどウザ絡みをしてきたという。

    すると、一刻も早く家に帰りたかった大野は「早く降りろよ!」と怒鳴り、その後、松本から謝罪メールが送られてきたそうだ。しかしその内容も「俺が悪かったなら、ごめんね」のような文面で、大野は「さらにムカついた」と明かしている。

    どれだけ温厚な人でも、怒らないことはないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2037180/
    2019.10.12 19:00 まいじつ


    【【芸能】タモリ…『嵐』大野智…温厚イメージ芸能人“激怒の瞬間”エピソード】の続きを読む


    タモリ(1945年〈昭和20年〉8月22日 - )は、日本の男性お笑いタレント、漫談家、司会者。本名は森田 一義(もりた かずよし)。福岡県福岡市南区の出身。 所属する芸能事務所は田辺エージェンシー。ビートたけし、明石家さんまと共に、日本のお笑いビッグ3の一角を担う。
    139キロバイト (19,291 語) - 2019年8月22日 (木) 16:57



    (出典 grapee.jp)



    1 ひかり ★ :2019/09/10(火) 17:09:32.01 ID:l3MizgKC9.net

     タモリが、9月7日放送の『ブラタモリ』(NHK総合)で、芸能人が一般人から言われる言葉への疑問を語った。

     京都でロケをしていると、男性から「頑張ってください」と声をかけられ、「なんで芸能人に『頑張ってください』って言うのかな」と疑問視。
    「俺たちはそんなに熾烈な戦いをしているのか?」とコメント。

    「昔、代々木を歩いていて浪人生にも言われたけど、『お前が頑張れ』って。俺もけっこう頑張ったんだから」と、自身も1年間の浪人生活を送って
    早稲田大学第二文学部西洋哲学専修へ入学しただけに思ったという。

     林田理沙アナウンサーが「一般人の感覚だと『頑張ってください』って言いたくなります。『応援しています』みたいな」と話すと、タモリは
    「戦ってるんだ、俺。アスリートなんだ」と笑顔だった。

     タモリは「頑張れ」という言葉について、2018年10月2日放送の『news zero』(日本テレビ系)で、有働由美子アナウンサーとの対談でも
    コメントしている。

     有働アナは以前、タモリから「番組の長続きのコツ」として「頑張るな」と言われたという。有働アナがその真意を問いただすと、タモリは
    「頑張ると疲れる。疲れるとやっぱり続かないですよ」と断言。

    「頑張れって、いまの世の中、言い過ぎじゃないですか。『頑張れ』とか『生き方』とか、あんまり言い過ぎて、ちょっとみんな重いことになってるんじゃ
    ないですかね」

     タモリが1986年から司会を務める『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)は、10月から金曜21時に枠移動することに。それでもタモリは、
    8月30日放送の同番組で「まぁ、大差ないでしょう」の一言で、あるがままを受け入れることを明かした。

     さまざまな経験を経て、達観した人ほど「あるがまま」「自然体」を大切にしている。どこか他力本願でもある「頑張って」という言葉より、
    「応援しています」の方が伝わりやすいようだ。

    FLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190910-00010006-flash-ent


    【【芸能】タモリ、芸能人への「頑張って」に疑問「アスリートか」】の続きを読む

    このページのトップヘ