ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    タグ:兄


    沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 - )は、日本の元女優。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    48キロバイト (5,132 語) - 2020年2月11日 (火) 13:30



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/12(水) 07:45:16 ID:fN8N8kSi9.net

    「彼女にとって女優に戻ることが、いいことなのかどうか……」

     本誌記者にそう語ったのは、2月6日に有罪判決が下された沢尻エリカ(33)の兄・澤尻剣士さん(38)だ。

    剣士さんは、1月31日の沢尻の初公判に、証人のひとりとして出廷。
    「留置中や入院中は、面会に行っていました」「僕にできることがあれば、経済的なことを含め、話を聞きながら進める」と、妹の今後を案じていた。

    沢尻の更生のカギを握る、肉親のひとりだ。

    じつは本誌記者と剣士さんは、以前から顔見知りだった。
    剣士さんは、都内の飲食店に店長として勤めているが、2008年に彼の仕事ぶりを取材していた。

    初公判後の2月某日、本誌記者が別の事件の取材で都内にいると、偶然にも歩いてくる剣士さんと出くわした。

    声をかけると、初めは「僕の口からは、なにも言えません」と断わられたが、証言台に立った気持ちなどを尋ねていくと、剣士さんは少しずつ重い口を開いてくれた。

    ――証人として、出廷したのは大変だったのでは?

    「緊張しましたよ。慣れないことですから」

     長兄の剣士さんは、「澤尻家」の代表として、証言台に立った。
    沢尻の父は、彼女が中学生のときに病死。
    高校時代には、次兄も交通事故で亡くしており、沢尻を支えたのは母・リラさんと剣士さんだった。

    その初公判で、沢尻は「兄に対しても心配や迷惑をかけ、裁判にまで来てもらい、このような思いをさせて申し訳ない」と、兄への思いを吐露するとともに、「女優への復帰は考えていません」と明言していた。

    剣士さんに、沢尻の将来についても尋ねた。

    ――妹さんの女優復帰について、どう考えているか?

    「僕は、女優はやめたほうがいいと思います」

    ――「僕にできることがあれば」と証言していたが、剣士さんの店で働く可能性はある?

    「働かせることまでは無理かもしれませんが、僕が支えていくことになると思います」

    ――社会的に孤立させないのが大事だとされている。妹さんと一緒に暮らす考えは?

    「僕は結婚していますので、同居はわかりません」

    ――妹さんは薬物をやめられるのか?

    「裁判で証言したとおりで、彼女は(薬物の使用を)後悔していますから……絶対にやめさせます」

     わずか5分足らずだったが、剣士さんは真摯に答えてくれた。

     出演するはずだったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、沢尻の演技を見たかったという声は絶えない。罪を償えば、必ず “復活” の道は見えてくるはずだ。

    2/12(水) 6:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200212-00010001-flash-ent


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】沢尻エリカの兄・剣士さん 証言台に立つ「薬物は辞めさせます」】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    なんか微妙だねwww

    1 湛然 ★ :2019/09/01(日) 07:32:00.22 ID:T9G+hx0q9.net

    2019.09.01
    「松本興業」松ちゃん兄が設立へ 「笑い」ではなく「泣き」を売りに
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/09/01/0012658967.shtml

    似てますが、違います。「シンガーソング泣イター」松本隆博(提供)

    (出典 i.daily.jp)



     ダウンタウンの松本人志(55)の実兄で、シンガーソングライターの松本隆博(58)が、自称「泣きの総合商社」である「松本興業」を立ち上げることが31日、分かった。「涙活」発案者との共同代表というスタイルで、「笑い」を専門とする吉本興業とは一線を画し、新会社は「泣き」を売りに。漫才の頂上決戦である「M-1グランプリ」に対抗し、「N(泣き)-1ぐらんぷり」の開催をもくろんでいる。

     日本中を驚かせた松っちゃんの構想が、兄の手によって“実現”する。松本人志は7月20日、吉本興業の大崎洋会長(66)、岡本昭彦社長(52)と、同社東京本部で会談。に対し、スキャンダルなどで処分を受けた後輩らを救済するために、同社内に新たな部署「松本興業」を作ってほしいと要望していた。

     翌21日のフジテレビ系「ワイドナショー」では、「そこでやらかした子やイエローカードの子を引き取るから、“保証人”じゃないけど、生かしたってくれって」と発言。これに対し、岡本社長も22日に開いた会見で検討課題とする方針を示していた。

     だが吉本に先駆け、松本の兄・隆博が「松本興業」を設立させることになった。家族の絆や感謝の大切さを歌ってきた隆博は、涙で気持ちをデトックスする「涙活」の発案者・寺井広樹氏(39)と出会い、意気投合。「もっと組織を整え、『泣きのエンターテインメント』を極めよう」と、寺井氏を共同代表とした設立に至った。

     折しも、反社会的勢力からの金銭授受に端を発した吉本興業の「お家騒動」が世間の話題をさらっていたころ。「社名の案は最初からあったけど、これしかない!」と即決したが、人志にはまだ伝えていないという。

     “所属タレント”には「涙ソムリエ」や泣ける話に特化した人情噺家「泣語家(なくごか)」、涙の紙芝居師らが名を連ねる。顧問には名曲「会いたい」を歌った「泣き歌の女王」こと沢田知可子(56)を迎え、泣ける話芸の決定戦「N-1ぐらんぷり」の開催も模索。隆博は「笑いより泣きの方が向いていると薄々感じている芸人さんにはぜひ、うちに来てほしい。すべて『光営業』です!儲けは少ないですが…」と話した。


    (おわり)


    【松本人志の兄が「松本興業」設立!?その驚きの内容とは・・・】の続きを読む


    松本 隆博(まつもと たかひろ、1961年2月10日 - )は、シンガーソングライター。 兵庫県尼崎市出身。兵庫県立尼崎北高等学校から大阪電気通信大学卒業。血液型B型。身長180cm。実弟は松本人志。 中学1年生の頃に、父に買ってもらった3千円の白いギターとの出会いをキッカケにギターに目覚める。南
    9キロバイト (1,238 語) - 2019年6月12日 (水) 11:52



    (出典 ashita-team.com)


    お兄ちゃんが出てきたww

    1 Egg ★ :2019/07/21(日) 19:30:21.22 ID:EEMO0EMP9.net
    【松本人志の兄が今回の騒動について語るww】の続きを読む

    このページのトップヘ