ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    タグ:小川彩佳


    news23』(ニュース・ツー〈もしくは「トゥー」〉スリー)は、1989年(平成元年)10月2日よりTBSをはじめとしたJNN系列が生放送している平日最終版の報道番組。 番組開始から2008年3月28日までは『筑紫哲也 NEWS23』(ちくしてつやニュースツースリー(もしくはトゥースリー))として
    84キロバイト (8,695 語) - 2019年7月13日 (土) 11:01



    (出典 usaponn.com)


    円満退社とはいかなかったからね・・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/18(木) 08:26:44.13 ID:7xgJsjDG9.net

    「報道のTBSで売ってきたのに、なぜテレ朝の使い古しを起用するのか」(TBS中堅局員)

    実は、テレビ朝日を退社し、TBSの看板報道番組『NEWS23』のメインキャスターに転身した
    小川彩佳(34)が抜擢されたのは、彼女の父親が慶大医学部教授でTBSの産業医だからだろうと囁かれている。

    親の七光りで華やかな転身になるはずだったが、蓋を開ければ『NEWS23』の初回視聴率は4.3%で、
    その後も低視聴率に喘ぎ、元NHKの有働由美子(50)がメインを張る『news zero』(日本テレビ系)にダブルスコアでの惨敗が続いている。

    そんな苦境に立たされている小川に対し、古巣のテレ朝が露骨な“小川潰し”を連発中だ。
    「7月8日から、テレ朝が裏番組で博多華丸・大吉とココリコの『かみひとえ』(午後11時20分?)をぶつけるんです。同番組は水曜深夜からの昇格で、勢いがありますからね。
    テレ朝は『月曜午後11時台の強化のため』と言ってますが、裏番組で嫌がらせをするハラスメント、“裏ハラ”ですよ」(制作会社スタッフ)

    テレ朝は、小川の『NEWS23』初日にもレギュラー番組を差し替え、土曜のプライムタイムで人気の『激レアさんを連れてきた。月曜日に里帰りSP』をぶつけて視聴率5.6%を取り、“小川潰し”に成功しているのである。

    小川は、なぜこれほどまでに古巣から嫌われているのか。
    「退社の際、小川はテレ朝の上層部には誰も相談しなかった。その上、退社していきなりライバル局の看板報道番組のメインキャスターに就任です。
    レ朝上層部は、あまりにも常識がないと激怒したんです」(他局の報道関係者)

    一方、小川にも言い分はありそうだ。
    「小川は、テレ朝時代に『報道ステーション』で、ニュースや社会問題に対して女性目線で鋭いコメントをするなど評価を上げていた。
    それに嫉妬したメインキャスターの富川悠太アナとの間に確執が生じ、降板せざるを得なくなったんです」(前出・制作スタッフ)

    さらに、ネットのAbemaTVに異動されるという“局外追放”の憂き目に。
    「一応、同局のニュース番組『Abema Prime』に起用されたんですが、お笑い芸人との共演やコスプレの強要など、明らかな嫌がらせをされていましたからね」(同)

    一度は女子アナのエースとして、局の看板報道番組に抜擢された小川にとって、この扱いは屈辱以外の何者でもなかったはずだ。

    過干渉や暴言で子どもを潰す“毒親”が社会問題化しているが、小川にとってのテレ朝は、まさにそれだろう。局内では、「優等生の良い子じゃ務まらん」「力量の問題じゃないの」などの声も出てはいるが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1927755/
    2019.07.17 21:30 週刊実話


    【小川彩佳 テレ朝退社後に古巣から受ける嫌がらせ、徹底して潰しに来てるww】の続きを読む


    c d “小川 彩佳 アナウンサーズ テレビ朝日”. 2019年2月8日閲覧。 ^ “小川彩佳(おがわあやか)のプロフィール、出演情報、スケジュール【スタスケ】 芸能人・タレントスケジュール(1000059235)”. ザテレビジョン. 2019年2月8日閲覧。 ^ “テレ朝・小川彩佳アナ『報ステ』9月卒業
    11キロバイト (1,214 語) - 2019年6月5日 (水) 09:42



    (出典 joseiana.com)


    頑張ってほしいなー

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/04(木) 21:57:20.38 ID:CSUE9T629.net

    視聴率も取れなければ、キャスターとしても力不足……。7月4日発売の「週刊新潮」が、フリーの小川彩佳アナが窮地に立たされていると報じた。

    テレビ朝日を退職後、6月から鳴り物入りでTBSの看板番組「NEWS23」のキャスターに就任した小川アナ。清楚で美しいビジュアルに定評あるアナウンス力に加え、バリバリの報道志向。
    不振が続いた同番組のV時回復を期待したTBS関係者も少なくなかっただろう。また、ノースリーブの“戦闘服”も、男性視聴者を取り込む大きな武器になるものと思われていたはずだ。

    ところが蓋を開けてみると、6月3日の初回放送の視聴率は4.3%。元NHKの有働由美子アナがMCを務めるライバル「news zero」(日本テレビ系)の9.6%に大差をつけられた。
    その差は縮まることなく、6月27日の放送でも「NEWS23」4.0%に対し、「news zero」8.5%とダブルスコアのままだ。

    「同誌によると、小川アナの父親が慶大医学部教授でTBSの産業医だから抜擢されたのではないかという疑惑や、
    1本30万円と破格の激安ギャラだから文句は言えないという嘆きの声がTBS局内に出ているとのこと。ですが、視聴率の責任を彼女ひとりに背負わせるのは酷な話。
    視聴者からは《小川アナより星浩アンカーの方がスベっているのでは》《スポーツコーナーの石井アナが暑苦しい》《セットが暗いので気分が滅入る》といった意見も上がっています。
    確かに白バックで爽やかな『news zero』に比べると、『NEWS23』 は金色をベースにしながらも全体的にどんよりしていて重苦しい雰囲気。夜ニュースを見る層のほとんどがそう感じているのではないでしょうか」(週刊誌記者)

    7月3日に定例会見を開いたTBSの佐々木卓社長は、小川アナの「NEWS23」について「じっと見守っているという感じでございます」と発言。見守る前にセットの再考もありなのでは?

    http://dailynewsonline.jp/article/1907326/
    2019.07.04 18:00 Asagei Biz


    【小川彩佳アナ 「NEWS23」の視聴率回復を期待され抜擢されたが、実際は・・・】の続きを読む


    c d “小川 彩佳 アナウンサーズ テレビ朝日”. 2019年2月8日閲覧。 ^ “小川彩佳(おがわあやか)のプロフィール、出演情報、スケジュール【スタスケ】 芸能人・タレントスケジュール(1000059235)”. ザテレビジョン. 2019年2月8日閲覧。 ^ “テレ朝・小川彩佳アナ『報ステ』9月卒業
    11キロバイト (1,214 語) - 2019年6月5日 (水) 09:42



    (出典 news.mynavi.jp)


    テレ朝辞める口実だったのかな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/13(木) 19:11:48.55 ID:NRAgGmIv9.net

    今年の4月5日でテレビ朝日を退社し、鳴り物入りでTBSの看板報道番組である『news23』のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ(34)。テレビ朝日退社からわずか2か月での、ライバル局の看板ニュース番組MCに就任ということで話題を集めていたが、6月3日の初回放送の視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、これまでと変わらない数字に留まり、残念ともいえる結果となった。

    そんな小川アナについて、6月13日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が驚きの事実を報じた。

    「小川アナは今年の2月8日、一般男性と結婚するということで、テレ朝を退社することを発表しました。4月1日付の『スポーツ報知』では、小川アナが実際にテレ朝を退社するのは4月5日、5月にも婚姻届けを提出する予定と報じています。しかし、今回、週刊文春の取材に対し、“(入籍は)まだ。日取りを考えながら”、と答えています。

    さらに、相手の男性と一緒に暮らしているかどうかの質問に対しては、“新居がなかなか見つからなくて。向こう(夫)も、今ちょっと忙しいみたいで”と、小川アナがかつて嵐の櫻井翔(37)と同棲していたマンションで、いまだに一人暮らしをしていることが明らかになったんです」(芸能記者)

    かつて、小川アナがキャスターと務めていた『AbemaPrime』(AbemaTV)で「年齢は1年、年上ですね。身長は私よりは大きい方ですね」「イケメンじゃないです」と明かしていた“一般男性”と報じられている小川アナのお相手については、どのような人物なのかまだ漏れ伝わってこない。

    古巣・テレ朝関係者も言う。

    「小川アナは、テレ朝に愛想を尽かして辞めたという部分もあるので、周囲に対して警戒していたのかもしれませんが、結婚相手については本当に何も言わなかったですね……」

    フリー転身と寿退社でテレ朝を離れた小川アナ。そんな彼女に今、浮上しているのが、「本当は夫などいないのではないか」という声なのだ。

    「一部では、寿退社の発表は“ライバル局への禁断の移籍をごまかすためなのでは?”とか“櫻井翔への当てつけでは?”という声も出ているようですが、さすがにあれだけ大々的に発表して“結婚しない”ということはありえないでしょう。そんなことがあれば彼女の報道キャスターとしての良心が疑われますからね。テレ朝退社からわずか2か月での『news23』のメインキャスター就任ですから、番組スタッフとの打ち合わせや、関係各所へのあいさつなどで入籍が遅れているのではないでしょうか」(女子アナウォッチャー)

    『news23』がスタートしたばかりの小川アナ。新婚生活はいつから始められるのだろうか? 仕事もバリバリとこなし、幸せな家庭も築いてほしい!

    http://dailynewsonline.jp/article/1873567/
    2019.06.13 16:55 日刊大衆


    【【女子アナ】小川彩佳アナ 実は結婚してた??しかし入籍も新居もまだ「本当は夫はいないのでは」の声www】の続きを読む


    小川 彩佳(おがわ あやか、1985年2月20日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元テレビ朝日アナウンサー。 東京都出身。耳鼻咽喉科医師の父(慶應義塾大学医学部教授・小川郁)の仕事の関係で6歳から8歳までアメリカ合衆国ミシガン州に住んでいた帰国子女。日本へ戻ってからは青山学院初等部、青山学院中
    11キロバイト (1,214 語) - 2019年6月5日 (水) 09:42



    (出典 biz-journal.jp)


    きりのよい時期だと変に期待されちゃうのかwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/09(日) 22:59:12.68 ID:YFFWEXjd9.net

    元テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが出演する『NEWS23』(TBS系)の放送が6月3日より始まった。
    小川アナは、昨年9月末まで『報道ステーション』(テレビ朝日系)のサブキャスターとして出演していた。
    両番組は一部の放送時間が重複しており、実質的な裏番組といえる。

    平日夜の民放帯ニュースというコンテンツにおいて、テレビ朝日からTBSへの電撃移籍は話題となった。
    気になるのは、なぜ6月始まりであったかという点であろう。4月や10月の改編期でなく、さらに四半期となる7月始まりではない理由は何なのだろうか。

    「小川アナは昨年9月末の『報ステ』降板後は、テレ朝系のインターネット番組AbemaTVのニュースプログラムに出演していました。
    ちらも3月末で降板し、4月5日付でテレビ朝日を退社しています。『NEWS23』移籍は以前から報じられていましたが、4月退社直後からの他局出演による批判を避ける意味合いがあったといえるでしょう。
    また、『NEWS23』はフランスから呼び寄せた元TBSの雨宮塔子アナウンサーが担当していましたので、調整も必要だったといえます」(業界関係者)

    さらに、6月始まりには、先発のニュース番組に向けられた批判をかわす意味合いもあると見られる。

    「元NHKの有働由美子アナウンサーを起用した『news zero』(日本テレビ系)は2018年10月にスタートするも、
    『無駄話が多すぎ』『気合入りすぎて空回り』といった悪評が聞かれ、視聴率的にも苦戦が伝えられています。
    同様に2019年4月スタートの元フジテレビのカトパンこと加藤綾子アナウンサーを起用した『Live News it!』(フジテレビ系)も、
    『そもそも報道キャスターのイメージがない』『ニュース内で自分の出演する番組宣伝するとかありえない』と非難が殺到し、こちらも視聴率としては惨敗中です。
    改編期スタートの番組は期待値が高い分、バッシングも起こりやすいため、ひっそりと6月スタートを選んだのでしょう」(前出・同)

    小川アナは落ち着いた雰囲気に加えて、もともと硬派な報道志向も強いといわれる。ネット上でも「やっぱり彼女がいると落ち着くね」「変なバラエティ路線に走らないところがいい」といった声が聞かれる。
    「報道の雄」たるTBSの夜帯ニュースは、彼女にふさわしい場所なのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1866929/
    2019.06.09 18:00 リアルライブ


    【【女子アナ】元テレ朝の小川アナ 『NEWS23』にて再スタートもなぜ6月?】の続きを読む

    このページのトップヘ