ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    タグ:恋人



    (出典 cdn0.mynvwm.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/11(水) 07:02:58.83

    https://www.fnn.jp/image/program/000000020_000045126?n=1&s=12_l

    プレスリリース配信元:べースメントアップス株式会社

    ベースメントアップス株式会社が、「社会人の恋人についての調査」を実施しました。

    【調査概要:仕事に関する意識調査】
    ■調査日   :2019年7月30日 ~2019年8月6日 ■調査方法 :インターネット調査 ■調査人数 : 116名 ■調査対象 :社会人

    ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、
    「社会人になってから恋人はいますか?」について調査しました。

    日本では「少子高齢化」が大きな社会問題となっています。そして、少子高齢化によって年金問題、労働人口の低下など様々な問題が引き起こされています。
    この少子高齢化の原因として未婚率の増加が挙げられます。日本の未婚率は1970年代から右肩上がりとなっていて、20代の未婚率に関しては、男性で約70%、女性で約60%と、かなり高値となっています。

    なぜ、日本の未婚率はそれほどまでに高いのでしょうか?

    仮説として、「社会人になってから恋人を作るのが難しい、恋人との関係を保つのが難しい」ことが考えられます。
    例えば、日本の会社員は労働時間が長く、プライベートの時間を使って恋愛をしたいと思える人が少ないのかもしれません。
    また、恋人がいたとしても、仕事の疲れで恋人と過ごす時間を疎かにしてしまい関係が悪化する場合も少なくありません。

    そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、恋人がいる人の割合を確かめるため、社会人を対象に「社会人になってから恋人はいますか?」とアンケート調査を行いました。

    まずは、アンケート結果をご覧ください。


    (出典 prtimes.jp)


    社会人を対象に、「社会人になってから恋人はいますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

    一度もいない: 40%
    いる:34%
    1年以上いない:17%
    1年以内にいた:9%

    一度もいない: 40%

    社会人になってから恋人が一度もいないと回答した人が最多の40%となりました。やはり、社会人になると仕事の関係上、「異性との出会い」がなくなってしまうのでしょうか。
    恋人がいない期間が長引けば、どんどん恋愛をすることが億劫になってしまいます。
    将来、結婚することを考えている人は仕事とプライベートをうまく両立させて素敵な出会いを見つけたいものです。

    いる:34%

    現在、恋人がいると回答した人が34%で2番目に多い回答となりました。社会人として働きながら恋人を作ることができている人は、プライベートの時間を有効活用して恋人を作る、
    社内恋愛をして恋人を作るなど、上手く出会いの場を創出していることがわかります。

    1年以上いない:17%

    17%の人が1年以上恋人がいないと回答しました。前回の恋人に未練が残り引きずっているなど人それぞれの理由があるかと思いますが、1年間恋人がいない期間ができると、
    「恋愛の仕方を忘れた」と思う人が増えるように恋愛に対して少し苦手意識が芽生えてしまうことがあるそうです。将来、結婚を考えている人は精力的に「出会い」の場を探したいものです。

    https://www.fnn.jp/posts/000000020_000045126/201908091420_PRT_PRT
    2019年8月9日 金曜 午後2:20


    【【調査】社会人の66%は恋人がいない!?社会人には出会いがないのか!?未婚率が上がり続けて少子高齢化が進む原因になる…】の続きを読む


    結婚 (未婚からのリダイレクト)
    ~64歳、65歳~69歳の年齢層別に、人口、未婚者、有配偶者、死別者、離別者、未婚率、有配偶、死別、離別、初婚率を表形式で表記する。 厚生労働省が生涯未婚率を計算する基準年齢が50歳時点の未婚率(正確には45歳~49歳の未婚率と50歳~54歳の未婚率の平均値)であるが、1950年度~2015年
    236キロバイト (19,905 語) - 2019年7月12日 (金) 03:00



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    家庭環境にもよるけど、社会に出たらなるべく一人暮らしした方がいいかと思うわ

    1 豆次郎 ★ :2019/08/01(木) 18:02:06.56

    社会2019年8月1日掲載

     14年に明治安田生活福祉研究所が行った、「結婚に関する調査集計データ」で、20~49歳の未婚・既婚、双方の男女に「なぜ生涯未婚率が上昇していると考えているか」とのアンケートでは、男女とも、「雇用・労働環境(収入)が良くないから」という回答が男女平均で4割近くあった。

    「けれどもこれは、回答者の主観を表しているにすぎません。経済的理由で結婚できないというのは、本当に正しいのか。20代女性の6割、30代女性の7割が結婚相手に求める最低年収として400万円以上を希望しています。結婚には400万円という“年収の壁”があるかのように見えますが、20代後半の大卒・院卒の男性でさえ、半数はその壁を超えていません。15年の平均初婚年齢は男性31・1歳、女性29・4歳です。夫婦の平均交際期間は4・3年となっています。年収の壁が超えられないのがほとんどである20代後半の男性は、それでも女性がアプローチして(されて)交際し結ばれているのです。お金がないから結婚できないという理由は説得力に欠けます」

     若い男女の非交際率が高い背景には、親との同居率の高さが挙げられるという。

     天野氏の著書によれば、2015年の国勢調査から算出した20代~40代の未婚男性の6割超が身内と同居。同じく、20代~40代未婚女性では、20代は身内との同居が72・7%、30代は68・1%、40代は65%と高い数値となっている。海外と比べるとどうか。アメリカは、18~34歳の男女が34・1%、同じくオランダは36%、イギリスは34・3%、ノルウェーは22・9%と、日本よりもかなり低い。

    “長期子どもポジション・キープ”

     さらに、こうも指摘する。
    〈親との同居から得られる特殊な同居メリットを死守することを、私は「長期子どもポジション・キープ」と呼んでいます。「長期子どもポジション・キープ」のメリットを捨て去ってまで結婚したくない――。親子同居から受ける多大な経済的・精神的メリットを考えると、そのように無意識のうちに考える未婚男女は決して少なくないように思います。(中略)そこで、「長期子どもポジション・キープ」のメリットを少し具体的に挙げてみたいと思います。

    ●料理、掃除、洗濯――母親が「“超”察しのいいメイド」として代行
    ●ゴミ出し、苦情対応などの近所付き合い――主に母親が当然のように代行
    ●不動産コスト(住居費、光熱費)――主に父親が不動産パトロンとして支払うのでゼロ
    ●移動(ガソリン代)――父親が無料レンタカー店として機能(しかも自分で買う場合よりも高級な車が使える)〉

     こんなメリットがあれば、親との同居を解消したくなくなるのも、当然かもしれない。

    〈親子密着型の暮らしを続けていれば維持できるコストパフォーマンスと、メンタルに優しい「いちいち説明しなくても察してもらえる」生活を結婚後も手放したくないとするならば、(中略)結婚相手には母親のような“専属メイド”的な役割を期待し、父親のような“パトロン”ぶりまでも期待することになります。それを受け入れてくれるような相手は、少なくとも私からみれば“神様”のような人です〉

     そもそも、未婚の男女が親と同居するのは、むしろ親の方に責任があるという。
    「91年に成立した、子どもが1歳になるまで育児休業を取得できる育児介護休業法の恩恵を受けていない親の場合、母親は共働きすることが不可能だったので、専業主婦になっています。膝に子どもを乗せ、子ども中心の生活になります。父親は一馬力で家族を支えなければならないので、ブラック企業に勤め、夜も遅い。或いは転勤で、父親不在の家庭もあったでしょう。そうなると、母親は子どもと向き合い、強依存になる。恋人みたいになって、子どもが大人になってもそばに置きたがる。パラサイトシングルは親がさせているのです」

     モンスターペアレントの存在が目立ち始めたのは90年代後半で、社会問題となるのは07年頃からだが、
    「日本で、若い未婚者の非交際率が高くなり始めたのは、05年からで、ここから非交際率もいっきに上がってきます。モンスターペアレントが子どもの異性交際にいい顔をしないとか、認めなかったというのがその背景にあるのは想像に難くありません」

    全文は↓
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08011100/?all=1&page=1


    【未婚者に交際相手がいない理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ