ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    タグ:明石家さんま



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/12/28(土) 19:55:17.21 ID:7c6FvLpk9.net

    “お笑い界の帝王”と言われる明石家さんま(64)の神通力も今回ばかりは全く通じなかった!?

     闇営業騒動で芸能活動を休止し、いまだに謹慎生活を余儀なくされている「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)の復帰問題が、暗礁に乗り上げている。当初はさんまの後ろ盾を得てテレビ界への復帰を画策していた。

    「さんまは内々にテレビスタッフを通じて、先月21日に宮迫の激励会を敢行しました。会にはテレビ局のプロデューサーや編成関係者らが顔を揃え、さんまの『吉本興業にはかなわない。完全に負けた。カンパイ(完敗)で~す』という音頭とともに盛大に行われたんです。会場費300万円は、全てさんまが負担したそうです」(事情通)

     この激励会をもってテレビ出演解禁へのミソギにしたいと考えていたさんまだが、後になって自分の考えが甘かったと思い知らされることになる。

    「各テレビ局の顔なじみの幹部連中から直接、さんまの携帯に相次いで連絡が入ったが、皆、一様に『局の営業担当を説得できなかった』と言い訳されたそうです。要するに、さんまの力もスポンサーの前では何の役にも立たなかったということ。自分の影響力のなさに、さんまは宮迫の復帰計画を白紙に戻したそうです」(事情通)

     しかも、宮迫復帰にNGを出したのはスポンサーだけではない。

    「視聴者から連日、電話やメールで苦情が殺到したんです。『反社会的勢力からギャラを受け取り、いまさらテレビに出て何かを話したところで笑えない』という声です。ただでさえ吉本は低賃金に税金逃れと無法者集団のようなイメージが付き始めている。今さんまが何かを言ったところで効果がないというわけです」(前出の事情通)

     実際、クリスマス恒例となっているフジテレビ系のバラエティー番組「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2019」(25日放送)に宮迫が電話出演するのではという噂が芸能界に流れたが、かなわなかった。

     宮迫の復帰は当分先になりそうだ。

    12/28(土) 17:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000037-tospoweb-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】<明石家さんまの神通力も通じなかった!?>強力アシストでも宮迫の復帰白紙】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    1 伝説の田中c ★ :2019/12/26(木) 21:36:59.04 ID:uV+dwCsf9.net

    明石家さんま(64)が、自身は否定的な「芸能人ユーチューバー」に対し複雑な胸中を吐露した。

    さんまがパーソナリティーを務めるラジオ番組「ヤングタウン土曜日」21日放送回に、タレントの藤本美貴(34)がゲスト出演。藤本がユーチューブチャンネルを開設した話題になった。さんまは「みんな始めてるよなあ、ユーチューブにどんどん流れてるよなあ」と最近ユーチューブで活動する芸能人が増えてきたことを指摘しつつ、「最初にユーチューブができたとき、敵やってん。テレビの人間にとっては本当に敵なんですよ。敵やと思ってたら、こっちの仲間からどんどんユーチューブに流れるから、『えっ!?何がや!?』って…」と戸惑いを隠さない。

    さんま自身は、テレビで活動している間はユーチューブには手は出さないと決めているという。しかし、さんまの後輩芸人たちは「最初はそいつらも『さんまさんがテレビで敵やって言ってるからユーチューブなんか』って言ってたけど、『今はユーチューブか』って言ってて」と考えが変わってきたそう。これに対しさんまは「ここで成功すればっていうのがあるからな。みんなそうやけど生活があるから」と理解を示した。

    さらにさんまは「宮迫(博之)にしても徳井(義実)にしても、テレビ出されへんとか、まだ復帰は早いとか言うけど、あいつらも生活があるから。その点はこっちも口出しできない。そうなると『お前の好きなようにやれ』ということになる」と、芸能活動を自粛している2人にも言及。その上で、「『出すな』とかネットで批判するなら、小遣い送ってあげてほしいねん。『出んなボケ!』とか『早いわ!』とか偉そうに言うてるやつ、そう言うんやったら、SHOWROOMみたいなもの(投げ銭のあるネット配信サービス)に100円でもいいから。そんな好き勝手言うんやったら」と持論を展開した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-12220222-nksports-ent


    【【ラジオ】明石家さんま、芸能人ユーチューバーに複雑胸中吐露】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/09(水) 22:10:11.99 ID:xRVJk07n9.net

    明石家さんまが“ハートブレイク”により、近く「完全引退宣言」を出すのではないかと評判だ。今やお笑い界の〝老害〟とされ、若い層から「キモじじい」とまで呼ばれる大御所。一体どうしたというのだろうか…。

    「去る9月、お堅いニュースサイトにまで取り上げられ、『教養がない』などと酷評されました。時代を読めないセクハラ芸に呆れたといった内容です。また、同じく9月に女優の石田ゆり子と17年ぶりに共演した際、『なぜ結婚しないの?』と明らかな禁句発言。言ってもいいことと悪いことの区別もつかないようでから、引退すべきなどの声が上がるのも仕方ないのかもしれません」(芸能ライター)

    実は〝引退宣言〟自体、過去にさんま本人がしたものだ。57、8歳のときに「60歳で引退する」と複数回、テレビで発言。〝公約〟のようになっていた。しかし、いまだ引退せず。

    「すでに資産は100億円以上あるといわれています。中居正広が『3ケタ(100億円)あるの、芸能界でさんまさんだけじゃない』と言っていました。中居は以前、さんまから『オレ、木村(拓哉)派やから』と面と向かって言われ、さんまのことが大嫌い。中居もワザとバラしたのでしょう」(テレビ誌記者)

    いまだに諦めきれない?
    決定的だったのは、先ごろ〝カトパン〟こと加藤綾子と『EXILE』グループのNAOTOとの交際が報道されたこと。直後に放送されたラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で、さんまはNAOTOについて「ものすごいええやつ」と絶賛したのだが、これが物議の的となった。

    「さんまはNAOTOには会ったことはないんです。バラエティー番組のワイプで顔を見た程度だそうです。会っていないのに『エエやっちゃ』と言ってのけるですから、ほとんどボケ老人でしょう」(同・記者)

    カトパンとは10年以上もテレビ番組で共演しながら、彼女に交際相手がいることも知らなかったのが実状。

    「さんまは週刊誌が出る直前にカトパンから連絡が来たと語っていますが、違うでしょう。交際の情報が流れ、さんまがシットで怒って連絡したら、交際を告白したのが正解に近い」(同)

    何しろ、さんまはカトパンにゾッコンだ。以前、テレビで「抱きたい」などとセクハラ発言をしてアピールしたものの、ハッキリ〝お断り〟されたことが一部の芸能サイトで報じられている。

    「さんまはラジオで『結び付くキッカケが分からん』などと、ポロッと言っています。まだ諦めきれないのでしょう。もう引退して番組共演をやめ、一切会わないのが賢明ですよ」(同)

    老害どころか〝老醜〟だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2033839/
    2019.10.09 19:00 まいじつ


    【【芸能】明石家さんま“ハートブレイク”で引退決意!?「カトパンなんでやねん…」】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



    1 Egg ★ :2019/09/09(月) 06:38:19.16 ID:o8ViL6VS9.net

     昨年、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)の「好きな芸人・嫌いな芸人2018」ランキングで異変が起こった。「好きな芸人」部門で、調査開始以来、不動の首位を保ってきた明石家さんまが敗れて、新たにサンドウィッチマンが1位に輝いたのだ。さんまを上回る次世代の好感度No.1芸人の誕生は、大きな話題になった。

     しかし、今年はさらに驚くべきことが起きた。『日経エンタテインメント!』2019年8月号で発表された「好きな芸人・嫌いな芸人2019」で、さんまが初めて「嫌いな芸人」で1位になってしまったのだ。もちろん「嫌い」と思うほど感情が動くのは、それだけ認知されている証拠でもある。いわば、嫌いな芸人として名前が挙がるのは人気者の宿命でもあるのだ。

     それでも、あのさんまが1位になるというのは衝撃的だ。40年以上にわたって幅広い世代に愛され続けてきたさんまに、いま逆風が吹いている。そんな空前の事態が起こったのはなぜなのか、改めて考えてみたい。

    ■なぜ好感度が下がっているのか

     記事の中でさんまを嫌いだと思う理由として挙げられているのは、「価値観の押し付けは目に余る」(57歳男性)、「なんでも自分の話にしてしまい、MCとして機能していない」(57歳女性)といった意見である。さんまを根強く支持していたはずの熟年世代からも、このような批判が出てくるようになっているのだ。ここで挙がった「価値観の押し付け」「何でも自分の話にする」という2つの問題について順番に検討していこう。

     まず、1つ目の問題について。確かにここ数年、さんまのテレビやラジオでの発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。「いい彼氏ができたら仕事を辞めるのが女の幸せ」といった旧来の価値観の押し付けに思えるような発言や、「カトパン(加藤綾子)を抱きたい」というセクハラまがいの発言、さらには剛力彩芽などの若い女性タレントを本気で狙っていると公言したりするところが、バッシングの対象になっている。

     つい最近も、8月20日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、性別非公表のものまねタレントのりんごちゃんに対して「りんごちゃんなんかは男やろ?」と詰め寄った。空気を察してヒロミがすかさず「りんごちゃんはね、そういうのないの、性別がないの」とフォローを入れると、さんまはそれでも納得せず「おっさんやないか、アホ、お前」と声を荒げた。

     りんごちゃん自身は場を収めようと「人それぞれの捉え方でいいんです」と答えていたが、ネットではLGBTに関してあからさまに無理解であるように見えるさんまに対する批判が相次いでいた。

     セクハラやパワハラに対する世の中の意識が変わり、それに伴ってテレビの世界でも、露骨にセクハラ・パワハラ的な言動を見せるタレントは少なくなっている。そんな時代に、さんまだけが旧態依然とした価値観にとらわれ、世の中の空気にそぐわない発言を連発している。それに違和感を抱く人が年々増えているのだろう。

    9/8(日) 5:40配信 東洋経済
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00300321-toyo-bus_all

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1が立った日時:2019/09/08(日) 09:49:02.3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567921065/


    【【芸能】<明石家さんま>「老害化する笑いの天才」の限界!なぜ好感度が下がっているのか?「教養がない」という弱点】の続きを読む


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家。企画等のクレジットでは本名名義も多い。吉本興業株式会社所属。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    146キロバイト (20,527 語) - 2019年8月1日 (木) 09:37



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    宮迫他当たってww

    1 ばーど ★ :2019/08/06(火) 15:14:45.21 ID:18eo+1Ey9.net

    タレント、明石家さんま(64)が5日放送のMBS「痛快!明石家電視台」(後11・56)に出演。「楽屋トーク」のコーナーで間寛平(70)と村上ショージ(64)を相手に、自らの個人事務所「オフィス事務所」の内情をボヤいた。

    「うちの社員、座骨神経痛で4日間立てなかったんや。それで新入社員を雇ったんですよ。ナンバー3や。(上に)2人しかいないから」と明かし、「そんなところで宮迫を預かれるか?」と苦笑い。吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)を引き取ると発言してきたが、「宮迫、他を当たってくれるか」と、笑いながら呼びかけた。

    8/6(火) 9:55
    サンケイスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000503-sanspo-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【明石家さんま 宮迫の受け皿はムリ!?切実な個人事務所の実情www】の続きを読む

    このページのトップヘ