ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    タグ:言及


    NGT48(エヌジーティー フォーティーエイト)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本の女性アイドルグループ。AKB48グループを構成するグループのひとつである。運営会社および所属事務所はAKS。所属レーベルはアリオラジャパン(ソニー・ミュージックレーベルズ)。
    221キロバイト (26,052 語) - 2019年8月18日 (日) 17:39



    (出典 pbs.twimg.com)


    炎上ばっかりですwww

    1 Egg ★ :2019/08/19(月) 18:40:37.73 ID:12hPl/PP9.net

    新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」が18日、新潟市内のNGT48劇場で定期公演「夢を*せるわけにいかない」を開催した。1月に発覚した元メンバーへの暴行事件で揺れた同グループにとって、通常の定期公演は昨年12月30日以来約8か月ぶり。注目のステージでは事件への関与が疑われた西潟茉莉奈(23)が「真実ではないことが広まってしまって…」などと改めて騒動に言及したことで波紋が拡大した。本紙は運営幹部を直撃し、西潟の発言の真意を聞いた。

     久しぶりの公演では終始、ファンから温かい声援が飛び、メンバーの笑顔も見られたが、アンコール後に西潟が発した言葉で劇場の空気が変わった。涙ながらに「今日を迎えるまで真実でないことが広まってしまって。すごくメンバーみんな苦しんだんですけど、世間で言われているようなことが真実であるならば、このステージには絶対に立てません」と言い切ったのだ。

     5月に卒業した元メンバー・山口真帆(23)の暴行被害事件で揺れたNGT48。山口は事件への他メンバーの関与を訴えたが、否定するグループ運営側と対立が続いた。事態は運営側の対応が問われる騒動に発展し、地元イベントの降板などのダメージを負った。定期公演やイベント出演をほとんど行えなくなり“開店休業”に。同劇場での定期公演は約8か月ぶりとなった。

     そんな晴れ舞台で西潟が、冒頭の言葉を投げかけた。この「真実ではない」という言葉が具体的に何を指しているかを話さなかったため、ネット上は大炎上。「山口が告発した事件そのものなのか、ファンとのつながりの噂なのか、それとも背景として噂されたメンバー間の対立構造なのか。ファンは疑心暗鬼になっている」とはテレビ局関係者。

     西潟の発言について、NGT運営幹部は「メンバーへの脅迫や誹謗中傷が続き『黒メンじゃないか』などというコメントもやまない。それは真実ではないし、彼女を含めたメンバーもずっと疑われ続けてきている。運営側は実際に警察などに(脅迫などの被害を)届けているが、彼女の言葉として『真実ではないこと』は、事件にはまったく関与していないことを言いたかったんだと思う」と真意を説明した。

     西潟は太野彩香(22)とともに新潟県警から事情聴取を受けていただけに、より激しいバッシングを浴び続けている。

     運営会社・AKSは、山口への暴行容疑で逮捕(不起訴)された男性ファン2人を相手取り3000万円の損害賠償を求めた裁判を起こし、7月に新潟地裁で第1回口頭弁論が始まったばかりだ。

     前出のNGT運営幹部は「なぜ不起訴だったのか我々は分からない。その真相を明確にしたいので、民事訴訟を起こしている」。AKSとしては既に独自にメンバーを調査しており、事件に関与するつながりは認められなかった。それを受け、山口事件に関してメンバーの処分をしていない。

     ただ、第三者委員会の調査では、複数メンバーとファンとのつながりが明らかにされ、裁判の訴状にも事件当日に山口とAKS関係者が男性2人と話した内容を掲載。男性2人はマンションに出入りできる状況にあり、一部メンバーとは以前から一緒に食事や遊んだりするなど交流を持っていたことが明かされている。

     訴状にある「一部メンバーとは以前から一緒に食事や遊んだりするなど交流を持っていた」ことについては、運営側は処分するほどの程度ではなかったと判断したと説明。それでも「つながりはゼロではなかった。もし(ファンと)それ以上のつながりについての証拠が出てきた場合、メンバーが虚偽報告などを行ったということで、処分いたします」と同幹部は断言した。

    8/19(月) 17:12配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000034-tospoweb-ent

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【NGT西潟 暴行事件について改めて言及したら炎上しちゃったwww】の続きを読む


    島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年3月24日 - )は、日本の元お笑いタレント、司会者、作詞家、プロデューサーである。漫才コンビ出身でコンビ時代は紳助・竜介のボケを担当。本名、長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。作詞およびプロデュース名義はカシアス島田
    92キロバイト (14,228 語) - 2019年7月23日 (火) 13:35



    (出典 i.daily.jp)


    やっぱり紳助が出てきたかww

    1 ひかり ★ :2019/07/24(水) 06:19:56.02 ID:SbL65usi9.net

     宮迫博之(雨上がり決死隊)ら吉本興業のタレントが反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題は、事態が収まる気配がない。

     宮迫と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)は7月20日に自前で記者会見を開き、「会見したらおまえら全員クビにするからな」といった吉本興業・岡本昭彦社長の冷徹な対応を涙ながらに訴えた。22日には
    その岡本社長が5時間半にも及ぶ会見を開く事態に発展したが、的外れな受け答えに終始。宮迫と田村の契約解除処分は白紙に戻したが、当事者能力のない経営陣の態度に所属芸人たちも不満の態度を隠さず、
    事態は「事務所vs.芸人」の全面戦争の様相を呈している。

     そんな中、暴力団関係者との交際を理由に、2011年に引退した吉本興業の“大物OB”島田紳助氏(63)が「週刊文春デジタル」の取材に応じた。黒のポロシャツ姿で、ロードバイクに乗っていた島田氏は、
    取材班の問いかけにバイクを止め、胸の内を語り始めた。

    「辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん」

     島田氏は今回の事態が起こる直前、じつは宮迫と会っていたという。

    「宮迫はすごい仲良しやし。辞めるって言ったとき、まじで凹んだもんなあ。トラブルが起きる1週間くらい前にも一緒だったんすよ。遊びに来て、みんなで。

    (宮迫には)絶対辞めんなよと。絶対に辞めんなって。辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん。ほんで、吉本に対して、腹立つこともあるやろし、ここはひとつ長いものにはぐるぐる巻きやと。
    先輩たちも心配して動いてるんやから、宮迫も意地を張るなと。わかるけどね、気持ちはわかるし腹立つこともあるけど、元々はお前やぞ。もういっぺん冷静になろうぜと。元々はお前が悪いと。腹立つことも
    いっぱいあると、だからもっと偉なってから言えと。偉くなってもういっぺん喧嘩せいと」

     今回、吉本の大崎洋会長と直接面談し、事態の収拾に動いたダウンタウンの松本人志についてはこう述べた。

    「松本とは全然やり取りしてない。そんな言わんでもわかってくれてるやろし。あいつはやっぱり素晴らしいヤツやから。あいつは男気あるからね。ほんまは大先輩がいるんやけど、現状としてさんまと松本が
    大崎に一番近くて、吉本の中で一番二番のギャラを取ってるイコール力じゃないけども、力のある二人が動かないかんと思って動いてるんやし、すごいええことやと思うわ」

     松本は7月21日、レギュラーを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)に生出演した際に、大崎会長は「これ以上騒動が大きくなるようであれば、進退を考えなければいけない」と話していたと明かしたが、
    松本は「それは僕は全力で止めます。大崎さんがいなかったら僕も辞めるので。うちの兄貴なんで」と述べたことが話題となっていた。この発言について、島田氏はこう語った。

    「『大崎辞めるんだったら俺も辞める』っていう松本の話と、このままでは他の奴が辞めるっていうのとはまた全然別問題やからね。大崎さんが辞めたら吉本辞める、いうのは松本は当然やと思うよね。
    うん。もう兄貴みたいなもんやから。『僕があんのは大崎さんのおかげや』っていうのはあいつの思いやから。そういう思いは正しいし、みんなそんな思いでやってんのと違う?

     大崎クビにしたら会社潰れんで。ほんまに。イメージはどうだか知らんけど実質問題、大崎という人間はカリスマ的な人間だったし、今吉本の中で唯一カリスマがある人間やし、クリエイティブな能力があって
    出世した男やし。タレントの気持ちもよくわかるし。だから松本の“兄貴”っていう言葉がぴったりだと思うよ。何で兄貴って言うんだと言ったら本当に兄貴みたいな存在なんですよ。だから今吉本の大崎が辞めたら、
    松本も辞めるって言うけども、大崎辞めたら吉本も潰れるから辞めんでもなくなるで。真面目な話、大崎が辞めたらみんな辞めますわ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00012987-bunshun-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00012987-bunshun-ent&p=2

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【島田紳助 吉本騒動に言及「大崎会長が辞めたら吉本は終わる」】の続きを読む


    加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、ニュースキャスター、お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当である。 北海道小樽市出身。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)所属。
    47キロバイト (6,933 語) - 2019年7月19日 (金) 10:18



    (出典 kiki-kiki-kitchen.com)


    ビビットでもコメントするんだろうねww

    1 豆次郎 ★ :2019/07/21(日) 08:27:59.88

    2019/07/21 05:14

    お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が20日深夜、MBSラジオ『極楽とんぼオレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土曜 25:20~)に出演。反社会的勢力との闇営業問題で19日に吉本興業から契約解除された雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮が、20日に都内で行った会見について言及した。


    同じく吉本興業に所属する相方の山本圭壱、平成ノブシコブシの徳井健太とともに、会見の感想を語った加藤。「宮迫さんと亮がウソをついたっていうことがあるだけど。亮という真面目な人間だし、宮迫さんも男気のある人間じゃん。やっぱり違うってなったときに、会社が会見やろうってなったらこんなことになっていないし、なんでこんなことになってんだよって、会社に腹立ったね」と会社への怒りをあらわにし、「現状、俺は会社に対して信用1個もないね。タレントのみんながそう思っている部分があると思うし、吉本興業の社員も、上層部信用できないでしょ」と話した。

    そして、「岡本(昭彦)社長という人間がそういうことを言ったんだと。俺はあの会見を見て2人がウソをついているとは絶対思わない。そこであの発言があったという、これはもう信用できない」と社長への不信感を吐露。「お世話にもなってきた。山本を戻してもらったという歴史もある。お世話になったなと、山本と2人で恩返しできることはしていこうという部分はずっとあったわけ。会社に対して」という思いも明かしつつ、「そこは言っちゃダメでしょ。俺はもうまったく信用できない。茶を濁す気は一切ない。吉本の対応次第ではいろいろ考えないといけないと思っている」と述べた。

    さらに、「人としてダメだろうと思う」「とんでもねえパワハラだし、連帯責任で全員クビってありえないよね」と加藤。「なんでそうなるの。おかしい。脅迫だもん、やってることは。そこを我慢して我慢して、あの2人も散々言っていたけど、自分らが悪いって。そこがあって、僕が辞めますっていう話まで行ってだよ。これはちょっとつらすぎた。こんなつらいことない。これ声を上げなかったらダメだよ。声を上げない芸人はダメだと思う」と言い、「このままでは終われない。怒りを感じたね」と語った。

    https://news.mynavi.jp/article/20190721-862900/

    ★1がたった時間:2019/07/21(日) 05:57:24.26
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563656244/


    【加藤浩次 ラジオで今回の闇営業謝罪会見騒動に関して言及、吉本興業に反旗を翻すか??】の続きを読む


    月亭 方正(つきてい ほうせい、1968年2月15日 - )は、日本の落語家、お笑いタレント。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部所属。NSC大阪校6期生。本名および旧芸名は山崎 邦正(やまさき ほうせい)。 兵庫県西宮市出身で大阪府箕面市在住。既婚であり、息子が1人と娘が2人いる。兵庫
    21キロバイト (2,373 語) - 2019年6月16日 (日) 12:31



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    先輩からのメッセージww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/16(火) 03:06:35.24 ID:0Zbp0ijs9.net

    落語家・月亭方正(51)が15日、MBS(毎日放送)の情報番組「ミント!」に生出演。
    反社会勢力との闇営業で謹慎処分中の雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら吉本興業の後輩13人に向けて、「会見しないと復帰はできないと思います」と語った。

    吉本興業は13日、謹慎処分にした13人について、報酬額を公表。
    宮迫が100万円、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が50万円、同じ振り込め詐欺グループの忘年会に出席していたほかのタレントは3万円だったことを明らかにした。
    宮迫は当初、「フライデー」に100万円のギャラについて直撃され、「もらってへんよ」と否定していた。

    方正は、吉本の対応が遅い、など会社を批判する意見がタレントを含めて多い状況について「会社の責任だけではない、と絶対思いますね」ときっぱり。
    「本人がそれ(ギャラの受領)を先に言ってたら、もっと(会社の)対応は早かったやろし、会社の批判だけをするのは間違ってると思う」と話した。

    その上で謹慎中の13人について「会見しないと、復帰はできないと思います。世間が納得しないと思います」と意見。「(会見は)宮迫、亮に関してではなく、みんなだと思います。
    十分反省して、なにがしかのことをして、全てをクリアして、会見してほしい」と呼びかけるように落ち着いた言葉で語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16777912/
    2019年7月15日 22時38分 デイリースポーツ


    (出典 Youtube)

    HEY!HEY!HEY! 山崎邦正「ヤマザキ一番!」


    【月亭方正 吉本闇営業芸人に対して言及、「会見しないと復帰できない。世間が納得しない」】の続きを読む

    このページのトップヘ