ニュー速2ch

2chのエンタメ情報についてまとめています。
明日の話題を見つけてくださいね。

    タグ:詐欺



    (出典 www.dsrusa.com)



    1 ガーディス ★ :2019/09/17(火) 16:06:21.78

    台風15号の被害が大きい千葉県南部で、家屋修繕などに高額料金を請求する悪徳業者が横行し、被災者を追い込んでいる。被災地には東京都内や愛知、大阪ナンバーの車に乗った男たちがうろうろし、被災者のわらにもすがりたい気持ちに付け込んでいる。

    県内で建設業を営む男性は、台風直後、瓦が飛んだ顧客宅の屋根をビニールシートで養生した上で、瓦を手配した。しかし顧客から突然「ほかの業者に頼んだ」と断りの電話が来た。不審に思い、顧客の自宅を訪ねると、そこには大阪「和泉」ナンバーの車に乗ったリフォーム業者を名乗る男たちの姿が。ちょうど支払いの場だったが、その額は18万円を超えていた。

    男性が翌日屋根を確認すると、もともと養生してあった部分に、ガムテープを使って薄っぺらいビニールシートが貼られていただけだった。

    業者が行った作業内容を伝えると、住民女性は傷ついた様子だったので、代わりに男性が業者に連絡。しかし、社長は「え?それは高いですね」「担当者は分かりますか?確認できないですね」などのらりくらりとはぐらかされ、その後電話はつながらなくなった。住民女性は「仕返しが怖いからもういい」と言ったという。

    このほかにも義援金詐欺も横行している。佐倉市では市職員を名乗るものから「1口3000円の義援金をお願いします」という不審電話が続発。袖ヶ浦市では「市からの要請です」「無料です」などと、業者が屋根の修理を申し出てくる事案が発生している。市原市でも市職員を名乗るものから「屋根の点検に伺います」という内容の不審電話が相次いだ。また、多古町では夜中に何者かが玄関を開ける音がしたという報告がある。

    市や町では、屋根の修繕などを依頼するときには、見積書や契約内容をよく確認すること」(袖ヶ浦市)、「『保険が適用される』『補助金が出る』など業者からの情報は簡単に信用せず、必ず確認すること」(館山市)など、住民に注意を呼び掛けている。分からないことがあったら、まずは役所に相談するのが賢明だ。

    古坂大魔王(芸人・プロデューサー)「マジで相当のクズです。110番するのを躊躇する人も多いですが、前に警察の方と話したときに、『こっちは状況が知りたい。ちょっと怪しいと思ったら情報提供のつもりで110番通報をして欲しい』と言っていました」

    司会の小倉智昭「お年寄りや女性は屋根に上って(作業を)確認することもできませんからね」

    中江有里(女優・作家)「『信用するな、確認しろ』と言われても、こういう普通じゃない状況だとそれ自体がすごく難しい。助けてもらいたいという気持ちに付け込むのは悪質です」

    https://www.j-cast.com/tv/2019/09/17367704.html


    【千葉県の被災地に悪徳業者と詐欺師が大集合 ビニールシートをガムテープで貼っただけで「18万円」要求】の続きを読む


    加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、ニュースキャスター、お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当である。 北海道小樽市出身。 吉本興業(東京吉本)所属。 北海道の小樽潮陵高校卒業後、西濃運輸の札幌支店に就職[要出典]。事務
    48キロバイト (6,965 語) - 2019年7月25日 (木) 12:34



    (出典 eiga.k-img.com)


    辞める人は黙って突然辞めるよね

    1 幻の右 ★ :2019/08/19(月) 16:11:44.68 ID:0uD8JqFu9.net

    反社会的勢力の会合に出席し金銭を受け取った宮迫博之(雨上がり決死隊)らが、所属していた吉本興業の岡本昭彦社長らから圧力を受けたと公表し、吉本芸人が分裂危機に陥っていると報じられている。

     会社側と芸人の対立が世間の目に映るかたちで繰り広げられるなか、吉本からの退社を示唆したのが松本人志(ダウンタウン)と加藤浩次(極楽とんぼ)だ。松本は7月、自身がMCを務めるテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で、「僕はちょっと吉本興業にはいたくないかもって言いました。考えさせてくださいと。こんな会社じゃ絶対ダメだと思うから」と発言。加藤も『スッキリ』(日本テレビ系)内で「この体制、今の社長、会長体制が続くのなら僕は吉本興業を辞める」と断言。その翌日、吉本の大崎洋会長と約3時間にわたって面会した。

    「松本に関しては、大崎会長はデビュー当時から長年ダウンタウンのマネージャーを務めていた恩人ということもあり、大崎体制が続くことに異論はない。一方、加藤は大崎会長と岡本社長の退任を求めており、両者の間には温度差があります」(週刊誌記者)

     そんな加藤の覚悟ある発言だが、社内では意外にも賛同する声は少ないようだ。

    「加藤さんは絶対に吉本を辞めないし、止められるとわかっているからこそ『辞める』発言ができるんですよ。レギュラー番組もなく世間に認知されている程度の芸人は、おいそれと『辞める』なんて言えませんよ。稼ぎも人脈もあるなら今回の騒動で吉本を辞めたらいいのに、なんて思いますけど。加藤さんのやめる発言は“ポーズ”なんで、メディアのほうもわざわざ反応しなくていいと思います」(芸人)

    吉本社内からの意外な反応
     吉本の社員たちも、世間の反応とは逆に冷静だ。マネージャーの吉本社員は語る。

    「辞める気なんてさらさらないのに『辞める』って言うのが芸人ですし、ボケとしかとらえてないです。吉本のマネージャーはひとりで何組もの芸人を抱えて激務なことで有名ですが、通常業務に加えて騒動の対応もしなければならず、ただただ迷惑。加藤も松本も含めて、辞めたい芸人はさっさと辞めればいい。加藤なんてあれだけ威勢のいいことを言って、結局辞めてない。社内では“辞める辞める詐欺”なんて言われてますよ」

    加藤はその後、『スッキリ』内で、吉本が経営アドバイザリー委員会の設置を発表したことについて触れ、「僕もそこに意見できるんだったら、させてもらいたい。どうなるのか、見届けたいという気持ちはある」と発言。続けて「僕が発言したことで事が大きくなっているのは、お詫びと謝罪をしたいと思うんです。ここまで大きくなってしまっているというのは。ただ、会社が良い方向に向かうことに関しては本当に僕も賛成なんですよ」と退所の意思を保留した。

     一方、加藤が要求していた岡本社長の退任はあるのだろうか。


    「吉本の関連会社はたくさんありますし、テレビ局とのつながりも多いので、岡本社長は退任しても、受け皿は用意されている。辞めようが辞めまいが、身分は保証されているんです。でも、大崎会長は絶対に岡本社長を切らないでしょう。それはひとえに、大崎会長にとって岡本社長は都合の良い存在だからです。大崎会長は、かつて吉本とかかわりの深かった反社勢力との関係を断つために、創業家を排除するところまで徹底的にやって、ものすごい苦労をした。その裏の裏まで知っている岡本社長を、大崎会長が手放すことはありません」(吉本関係者)

     吉本が変わる日は来るのだろうか。

    (文=編集部)2019.08.17
    https://biz-journal.jp/2019/08/post_114529.html


    【加藤浩次 結局吉本辞めないので、「辞める辞める詐欺」をしちゃったwww】の続きを読む


    株式会社かんぽ生命保険(かんぽせいめいほけん、英: Japan Post Insurance Co.,Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の生命保険会社である。愛称は「かんぽ生命」(英通称はJP INSURANCE)。 2005年10月21日に公布された郵政民営化関連6法の中の郵政民営化法
    36キロバイト (4,011 語) - 2019年7月31日 (水) 22:43



    (出典 www.mag2.com)


    最早詐欺だろww

    1 スタス ★ :2019/08/01(木) 17:12:13.75

    ソース画像

    (出典 i.imgur.com)


    電子署名も同じく。これはソース昨日のクロ現。


    関連スレ
    【速報】郵便局員、ゆうちょ銀行の残高を観覧し、金持ちをターゲットにかんぽの営業していた
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564640522/


    【日本郵便 客が書いた別件のサインを無断でかんぽ生命の契約書に転写www】の続きを読む


    詐欺(結婚詐欺)、青詐欺(融資詐欺、小切手詐欺、保険金詐欺、取り込み詐欺等主に会社をカモとする詐欺 )、黒詐欺(他の詐欺師をカモとする詐欺)、白詐欺(振り込め詐欺、チケット詐欺、オークション詐欺等主に個人をカモとする詐欺)という分類もある。
    21キロバイト (3,014 語) - 2019年6月12日 (水) 04:24



    (出典 pictogram-illustration.com)


    こんなバカ話を信じて預けるかよwww

    1 ガーディス ★ :2019/06/22(土) 08:09:24.55

     神戸市垂水区の家庭教師の女性(43)が21日、「路上で出会った女3人組に『お金を清める』と言って約340万円を盗まれた」と兵庫県警生田署に届け出た。
     同署によると、女性は15日午後2時ごろ、同市中央区の中華街・南京町の路上で、女3人組から「中国語を話せるか」と日本語で話し掛けられた。女性が「話せる」と答えると、中国語で「交通事故であなたの息子が死ぬ。財産を清める必要がある」として、現金をできるだけ持ってくるように言われたという。

     同日午後5時ごろ、女性は親戚らからも集めた現金を用意し、同じ場所で合流。ビニール袋に現金約340万円と貴金属を入れて渡すと、3人組に「おはらいをするから目を閉じて」と言われた。その後、ビニール袋を返され、3人組と別れたが、袋の中身が別の物に差し替えられていた。3人組はいずれも40代くらい。同署が窃盗事件として捜査している。

     4月中旬には同市中央区御幸通の路上でも似た事件が発生。外国人とみられる女3人組が通行人に「除霊をしないと子どもが死ぬ。手を清めるので、かばんを預けて目をつぶって」などと言って現金や貴重品を盗む被害があり、同署が関連を調べる。

    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201906/sp/0012449001.shtml


    【家庭教師の女性(43歳)路上で出会った女3人組に「息子が死ぬから、財産を清める」⇒340万預け、そのまま窃盗ww】の続きを読む

    このページのトップヘ